So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年06月| 2018年07月 |- ブログトップ

五本木クリニック院長ブログでの事実誤認《続》 [サイト紹介]

前回の続きです。

本当はスゴイ! 血液型

本当はスゴイ! 血液型

  • 作者: 武田 知弘
  • 出版社/メーカー: ビジネス社
  • 発売日: 2018/05/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

2018年6月2日付で、五本木クリニック院長ブログに、武田知弘さんの著書「本当はスゴイ!血液型 統計から新事実が見えてきた」についての反論が掲載されましたが

ハズレました、サッカー日本代表にB型がいない説→今年はB型の選手がW杯代表に入っています!!

そして、7月1日付で2番目の反論が掲載されました。

本当はスゴイ! 血液型、読みました!!やっぱりヘンです!!

が、しかし、なぜか前回の誤りが訂正されていません。

B型がいない不思議説、見事破れました!!B型の選手が3人しっかりと入っています

とありますが、これは前回も書きましたが「誤読」です。
繰り返しになりますが、「本当はスゴイ!血液型」の77ページにはこうあります。

サッカー日本代表の歴代出場数の上位20位までを見ていきましょう。
(中略)
特筆すべきはB型です。
なんと、上位20人の中にさえB型は1人も入っていないのです。
B型は、日本の人口の2割近くを占めています。
日本人を無作為に20人抽出した場合、その中にB型が全く入っていない可能性は、0.07%なのです。

※0.07%は0.7%の誤りなのではないかと思われます。

つまり、今回のメンバーに「B型の選手が3人」ということではないので、直接は関係がないわけです。

ということですから、「血液型と職業に関しての議論、結論的には関係なし」というのも、統計を否定することになり、おかしいのです。

ただ、これで「B型はサッカーに不向き」と断定してしまうのも間違いです。
世界的にトップレベルのサッカー選手ではB型が少ないのですが、Jリーグの選手では他の血液型に比べて少ないということはないからです。
B型が少ないのは、あくまで特別な条件の下での「傾向」ですから、物事が血液型で100%決まるわけではありません。

また、「そこから導かれた結論がプロ野球選手強打者にA型はいない」ですが、名球会メンバーは53人と人数が少ないから差が出なかっただけです。

もう少し人数が多いケース、たとえぱ三冠と言われる、ホームラン王、打率王、打点王の延人数だと、2017年末でO型が147人、B型が104人、A型が79人、AB型が11人ですから、この確率を計算すると1兆分の1以下と文句なく差があります。

yakyu.PNG

ですから、

これで血液型で強打者が云々ということは言い切ることはできません。

という結論はどうでしょうか?

続きを読む


コメント(1) 

アメリカ初代大統領のジョージ・ワシントンはB型…らしいです

小塩さんのツイートを紹介します。
ジョージ・ワシントンの毛髪から血液型を調べたらB型(かAB型)だと判明したという記事を見つけた。1975年7月9日朝日新聞。

キャプチャ.PNG
コメント(0) 

2018年06月|2018年07月 |- ブログトップ