So-net無料ブログ作成

やはりO型はストレスに強い!? [論文]

韓国の研究はほとんどデータベース化されているんですね。
うまいことに、韓国語は機械翻訳の精度が高いので、ほぼ意味はわかります。
さて、こんな面白い論文を発見しました。
なぜ日本で話題にならなかったのでしょうか?
#脳波で測定しているので、「思い込み」にはなりようがないですね。[わーい(嬉しい顔)]

韓国産学技術学会論文誌
Journal of the Korea Academia-Industrial cooperation Society / v.12 no.6, 2011年, pp.2554-2560

成人の血液型と性格と抗ストレスとの関連性の研究
A Study on the effects of one's blood type on emotional character and antistress of adults
[http://kiss.kstudy.com/journal/thesis_name.asp?tname=kisskw&key=50117192]

キム・チュンシク(ソウルベンチャー情報大学院大学); イ・ソンギュ(ソウルベンチャー情報大学院大学)
Choong-Shik Kim 1 and Seon-Gyu Yi 1*
1 Dept. of Information Management Seoul University of Venture & Information

要約 この研究では、成人の血液型が性格やストレス抵抗力との相関関係があるかを個人が持つ脳神経生理学的指標である脳波測定を用いて比較してみた。対象者は、2006年9月から2009年12月までに韓国精神科学研究所に脳波測定依頼した成人(20歳-59歳)を基準に選定した。男性1415人、女性3221人で総数は4636人である。血液型の分布は、A> B> O> AB型の順であった。分析の結果、成人の血液型と感情的な傾向とは無関係だった。しかし、ストレス抵抗力とは有意差があった。つまり、O型が他の血液型に比べて注意指数や抗ストレス指数で非常に異なっていた。ストレスを乗り越えることができる能力が高いと言えるだろう。この研究の結果、いくつかのカテゴリで血液型と意義のある相関関係を示した影響や遺伝的な役割がどのように影響するかの作用機序を解明するための研究が必要であると考えられる。

ところで、この論文の英語は文法がちょっとヘンです。まぁ、意味がわかれば…。私も人のことを言えるほど上手くもないので。[たらーっ(汗)]

[ひらめき]脳波の種類
choong1.png

[ひらめき]装置の外観
choong2.png

[ひらめき]分析結果
choong3.png


Abstract This study is focused on the effects of one's blood type on emotional character and anti-stress by comparing each individual's brain wave. Observed records are from those kids who volunteered for KRIJUS(Korea Research Institute of Jungshin Science)'s brain wave measurement from September 2006 to December 2009. The whole 4636 adult(20-59 age) group consists of 3221 female and 1415 male. Blood types are as follows; A>B>O>AB dominately ordered. The result shown no relations between the blood types of adult and their emotional character. But meaningful difference had been revealed between the blood type and stress resistancy; type O rated higher scores in awarness and stress resistancy then other types, which shows that type O has more ability to redudce its stress. This study revealed meaningful relation between blood types and emotional character among several categoties, while suggesting follow-up researches figuring out more
detailed explanations for its effect and genetic role.

【ストレス抵抗力部分の抜粋】

4.3 ストレス抵抗能力
血液型とストレス抵抗能力との関連を調べるための分析の結果、表6では注意指数(左)(p=.023)注意指数(右)(p=.003)と抗ストレス指数(右)(p=.022)で有意な差を見せている。すなわち、O型が他の血液型に比べてストレスを勝ち抜けることができる能力が高いと言えるだろう。注意指数は脳の覚醒位と注意力そして疾病やストレスに対する抵抗力を現わす指数だ。指数の高いほど脳が清く覚醒されていて学習能力と免疫機能が高いということを意味する。注意指数は12~15HzのSMR波にシータ(θ)波の比率分析を通じて求めることができる[12]。抗ストレス指数は内外的環境要因による肉体的精神的疲れに対する抵抗値を現わす数値だ。肉体的ストレスは人体の緊張と不安、興奮状態を表して精神的ストレスは心理的な緊張と不安、興奮状態を表す。抗ストレス指数は高いほど病気に対する肉体的、精神的ストレスに抵抗能力が大きいというのだ。抗ストレス指数はデルタ(δ)波と高速ベータ(fastβ)波の相互連関性によって求めることができる[13].
[12] J. F. Lubar, "Electroencephalographic Biofeedback of SMR and Beta for Treatment of Attention Deficit Disorders in a Clinical Setting," pp. 1-23. pp. 10-14., Biofeedback & Self Regulation Vol. 9, 1984.
[13] E. G. Peniston, "Alpha-theta EEG biofeedback training inalcoholism and posttraumatic stress disorder". pp.5-7. The international society for the study of subtle energies and energymedicines, 2. 1992.

これは、O型がストレス抵抗力が高いというのに一致します。

コーティソルはストレスがあるときに分泌されるホルモンで、O型が一番低いという報告があります(ただし有意差はないらしいです)。
Locong AH, Roberge AG (1985), Cortisol and catecholamines response to venisection by humans with different blood groups, Clin Biochem, 18(1):67-9.
[http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3986993]


コメント(8)  トラックバック(1) 

コメント 8

キラ・ナルセ

 斜め読みですし、計算とかしてませんけど、「百万歩ゆずって」何かの差はあるとしても、どの数字も多めに見積もっても3%とかくらいしか数字に違いが見えませんが。「統計とったら差がある」というのを「たとえ」認めたとしても、でも言えるのはそれだけ、ですよね。何か楽しいですか? その程度だと誰かの血液型がわかったとしても「おまえは神経質だ!」とか何とか言えるレベルじゃないですよね。このデータから世間にはびこっている血液型云々の言説は十分に否定できると考えるのがまっとうな人なのでは。
 あ、反論は不要です。どうせリトル・グレイな文章だろうし無駄に長いだろうから、何を言ってるか理解できないと思いますから。

by キラ・ナルセ (2014-08-25 00:27) 

ABOFAN

というか、このキラ・ナルセさんの文章を理解できる人がいるとも思えないんですが?
ひょっとして、自分で計算しないから反論不要なんでしょうか?
by ABOFAN (2014-08-30 08:39) 

キラ・ナルセ

この程度の文章が理解できないのですね。さすがリトル・グレイ。
by キラ・ナルセ (2014-09-27 01:11) 

ABOFAN

失礼ながら、キラ・ナルセさんは効果量を理解していないのではないかと…。だから、私には理解不能ということになります。
違うのでしょうか?
by ABOFAN (2014-09-27 22:36) 

リアル

O型がストレスに強いのは当たっている気がします。
私はO型ですが、落ち込むことはあっても、欝やノイローゼになるほど深刻な状態に陥ることはまずないです。
一流アスリートや歴代首相にO型が非常に多いのも、ストレス耐性の強さと関係がある気がします。

by リアル (2014-09-30 02:04) 

ABOFAN

一般的にはそうだと思います。
ただ、細かく見ていくと血液型で特徴が出てくるのではないでしょうか。
by ABOFAN (2014-10-25 22:44) 

Tg

ABO式血液型性格判断に対しては完全に否定派ですが、キラ・ナルセ氏におかれては「斜め読み」「計算はしていない」などと述べながらずいぶん語気強く批判しており、血液型性格判断を下に見てなどいられないほど無根拠な暴言を吐いておられるので、僕のような者がただのバカだと思われそうで本当に嫌になりますね……
p値とeffect sizeの区別すらついていないのを隠すためなのではという邪推も許されようというものです
「ある主張について正しいと言い切れないのならそれは否定される」という考えでおられるのもありきたりすぎる誤謬で恥ずかしいですね
そもそもストレス抵抗力は性格の範疇に入りませんよね?

記事をたいへん興味深く読ませていただいたのでそのことについて述べようと思ったのですが、コメントがあまりにも目について長く書いてしまいました
by Tg (2016-08-15 13:58) 

ABOFAN

「ストレスに強い性格」があるとすると、性格の話になりますよね。
実は、虚血性心疾患になりやすい「タイプA」の性格(血液型ではありません・笑)は研究されているのです。
なので、ストレスと性格に関係があっても問題はないと思います。
by ABOFAN (2016-08-17 19:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 1