So-net無料ブログ作成

7/28 9:00- 放送大学 錯覚の科学('14) 13回の再放送での内容訂正 [テレビ番組]

前回のエントリーで、7月4日に放送された、第13回の内容の間違いを指摘しました。
笑ってしまったのが、パネルによる説明で、本当の特徴のO型とAB型が逆になっていたのことです。ギャグなのか、あるいは単純ミスなのかはわかりませんが、誰も気が付かなかったのかなぁ。
来週28日朝9時からの「錯覚の科学('14)」13回の再放送で、この間違った部分について、放送開始12分後あたりの1分から2分の所のみを差し替えての修正放送をする予定とのことです。
早速録画して見てみることにします。
この件について、岡野誠さんからメールをいただきました。
本人の了解を得たので、そのまま公開します。
 先日7月4日、放送大学でオンエアーされた菊池主導の能見正比古氏提唱の血液型人間学を占い系と同列に論じて、疑似科学扱いにした内容番組である。特に私が問題にしたのは、内容を見れば一目で能見氏書籍を読んでいれば判別できる。O型とAB型が反対になっているところです。極一部内容表のみで、4つの性格式にあの図式を出したこと自体問題ですが、決定的に種明かし表の所で、OとABが反対になっているのは問題とし、ここ最近、当局と折衝しておりました。あの女性アナがやらせのさくらをしていたことは、ともかくとしても、当局は訂正放送としてお詫びすべき点を私は主張しておりました。
 結果、当局の見解は、お詫びを入れての訂正放送はするまでもないにしろ、反対表示にした誤った事実は認め、来週28日朝9時からの錯覚の科学13回で放送開始12分後あたりの1分から2分の所のみを差し替えての修正放送をする予定ですので、番組確認の上、録画セットして下さい。おそらくテクニカル上、菊池出演無しの一部差し替え放送で処理するのでしょうがね。しかし、あの菊池がいかに能見氏の対象文献等をいいかげんに理解していたことが露呈した証拠にもなり得ます。しかも、菊池は、私がオンエアー直後に当局へ指摘したにも関わらず、6日間も当局へOとABの所が反対になっている事実確認か ら逃げるがごとく、事実確認連絡を当局へおろそかにした点は大問題だ。「菊池先生からは、あの件の確認電話はまだ来ておりません。」という当局の悠長さに対し、私は、「すぐ彼にプッシュしろ、こんなことは、彼の確認を待たずしても、あの件が反対になっていることは当局も即わかることだ。」と言うことを私に指摘される当局のお粗末さ。
 今回の件で、菊池氏のいいかげんな文献の読み方(文科系学者がとかくやるななめ読みや拾い読みの手法)が露呈したのみならず、放送大学当局がいいかげんな菊池氏の主張を全面的に支援する当局の体制にも大問題である。

コメント(0)  トラックバック(1) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 1