So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

TAKESANさんのInterdisciplinary (10/7付) [サイト紹介]

論争から撤退したので、しばらく見ていなかったのですが…。
10/7付「考え方」を読んで、目からウロコが落ちました![ひらめき]
http://seisin-isiki-karada.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-fb76.html
なるほど、そういうことだったのですね。
一番のポイントは、
そもそも血液型性格判断は、「血液型と性格はわずかでも連関するか」、という問題「では無い」のですね。
ふむふむ、なるほど。
これでは、論争が不毛に終わることが予言されていたようなものです。
まさに、そのとおりなりましたが…。

まず、私はいわゆる「血液型性格判断」なんて信用していません。[わーい(嬉しい顔)]
というのは、辞書を引けばわかりますが、「判断」は占いだからです。
占いなら、初めから科学的な議論の対象になりませんからね。

で、元に戻って、TAKESANさん(Jさん?きくちさん?)の意見は、たぶんこのようなものなのでしょう。
いわゆる「血液型性格判断」、言い換えれば血液型で性格を「判断」できるような(固定的な?)強い関係がある、という主張には反対である。
はい、私は(少なくとも現時点では)こういう主張を議論の対象にしようとは思っていません。
また、血液型で性格を「判断」できるような(固定的な?)強い関係があるかどうかも、実証しようとは思っていません。
というのは、血液型と性格は、そんな単純(線形)に説明できるものではないからです。

TAKESANさんのエントリーで引用している、血液型信者の告白 - catsnratsの日記
http://d.hatena.ne.jp/catsnrats/20081004/1223150556
にもありますが、
私にとって問題は、血液型と結びつけうる因子を操作的に定義するのが難しいことにある。
確かに普通はそうでしょう。
私は面倒なので、性格検査で代用していますが…。

さらに面倒なことに、TAKESANさん(Jさん?きくちさん?)は、私がいわゆる「血液型性格判断」の信者だと“決めつけている”ようなのです。それに、私が信じている「血液型性格判断」は、独自の論理や理論がないとおかしい、とも“決めつけている”ようです。この2点は、いずれも事実ではありません。
この点は、何回も説明したつもりなのですが、いまだに理解されていないようですね。

しつこいようですが、私はいわゆる「血液型性格判断」の信者ではありません。
確かに、能見説は正しいと思っていますが、私の中では能見説≠血液型性格判断です。
ただ、能見説のままでは科学的な議論にはなりません。
それは、能見説が間違っているということではなく、TAKESANさんに議論の前提を認めてもらえないからです。
ですので私は、心理学の手法「のみ」を使い、議論の対象を「関係のあるなし」に絞っています。心理学の手法とは、「性格検査」の結果に統計的検定を行い、有意差があれば「関係ある」という結論になるものです。

ところが、TAKESANさんは、私のこの立場は最後まで認めようとしなかったようで、これが典型的に現れているのが、次の文章でしょう。
そもそも血液型性格判断は、「血液型と性格はわずかでも連関するか」、という問題「では無い」のですね。たとえば、「性別と身長に関係が無い」、という命題は、普通「男女の平均身長に差が無い」と同じ意味ではありませんよね。それと似たようなものです。
統計的な議論では、「わずかでも」かどうかは、(普通は)直接的な議論の対象にはなりません。
つまり、出た差に実質的に意味があるかどうか、言い換えれば「強い関係」かどうかと、統計的な議論とは(普通は)別の問題です。
これを一緒にしてしまっては、議論が混乱するだけです。
で、確かにそのとおりになりました。
最後に、TAKESANさんの主張を私なりにまとめてみます。
①「血液型性格判断」が正しいなら「強い関係」があるはずだ
②しかし、「強い関係」を示す根拠(データ)はないのだから、「血液型性格判断」は間違っている
③「弱い関係」を示すデータには興味がないから、初めから議論の対象にしない
ということになるのでしょう。
これに対して私の主張は、
①心理学の手法とデータ「のみ」を使って「血液型と性格」が関係があることは実証された
②「強い関係」かどうかは、これから議論の対象とする
TAKESANさんは、私の①については、「強い関係」ではないと“決めつけている”ものと思われます。
これで、やっと謎が解けました。
ただ、素直に喜んでいいかどうかは???[もうやだ~(悲しい顔)]
一応、トラックバックを送っておきます。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 1

ABOFAN

1つ書き忘れました。
TAKESANさんは、「血液型と性格は関係ある」と誰もが認める条件については、もともと興味がなかったんでしょうかね?
というのは、それがないと共通の前提がないので、科学的な議論にならないからです。
それとも、はじめから迷信と決めつけていたのでしょうか?
by ABOFAN (2008-10-12 20:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 1