So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

永守重信さん 人を動かす人になれ!


「人を動かす人」になれ!―すぐやる、必ずやる、出来るまでやる

「人を動かす人」になれ!―すぐやる、必ずやる、出来るまでやる

  • 作者: 永守 重信
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 1998/11/01
  • メディア: 単行本

残念なことに、永守重信さんの血液型は不明ですが、血液型に興味を持っていることは確実です。

この本の項目42「短所にこだわるな!」(p106)には、各血液型の特徴としてこうあります。

最近わたしは血液型に関心を持っている。もちろん、血液型だけで判断しているわけではないが、一般的な傾向としてO型は自殺をしない、つまり、あまりクヨクヨと悩んだり落ち込んだりせず、比較的簡単に気分転換が図れるタイプ。これと正反対な性格がA型で、繊細な神経を持ち、やることも几帳面でソツがない。B型は親分肌で少なからず頑固な面があるといわれる。

 ではどう応用するかというと、

これを応用すると、適材適所に社員を配置することができる。たとえば、新規のユーザー開拓の先陣を切るのはO型タイプ、そしてクロージングが近づいてくるとA型タイプにバトンタッチして、最後の詰めを任せる。逆に、世界で初めてというような商品開発にA型タイプのの責任者を選ぶとプレッシャーにつぶされてしまう恐れがある。そこで責任者はO型かB型タイプ、補佐役としてA型タイプをつけるといった具合だ。

なお、スポーツ界では血液型を活用していると言われているのは、
・FIFAワールドカップ2018 西野朗監督(A型)
・女子シンクロナイズドスイミング 井村雅代コーチ
・プロ野球 野村克也、田淵幸一監督
などが有名です。
特に、西野、井村両氏の実績には、文句を付けようがないでしょう。

ただし、永守重信さんも言っているように、「血液型だけで判断しているわけではない」ということも重要なポイントです。

かつての三菱電機のように、AB型だけの開発チームとかでは、話題作りにはなっても実績が伴うかどうかは疑問です。それは、一昔前に流行った「女性だけの」なんとかチームでも同じこと。

続きを読む


コメント(0) 

フォーブス世界長者番付2018はO型が独占 [新聞・雑誌]

半年ほど前に、フォーブス世界長者番付2018が発表になりました。

FORBES2018.jpg
出典:ジェフ・ベゾスが初の首位に フォーブス世界長者番付2018

世界の10位までと、日本の10位までの血液型を調べてみたところ、創業者の判明者はすべてO型でした。
さすが、O型はお金儲けがうまいですね。
もっとも、不明者が過半数なのであくまで傾向ということだけですが。

世界10位までの血液型判明者
2位 ビル・ゲーツ/900億ドル(マイクロソフト)
3位 ウォレン・バフェット/840億ドル(バークシャー・ハサウェイ)
5位 マーク・ザッカーバーグ/710億ドル(フェイスブック)

日本10位までの血液型判明者
1位 O 孫正義/227億ドル(ソフトバンク)
2位 O 柳井正/195億ドル(ファーストリテイリング)
3位 ? 滝崎武光/175億ドル(キーエンス)
4位 ? 森章/63億ドル(森トラスト)
5位 ? 永守重信/56億ドル(日本電産)
6位 O 三木谷浩史/55億ドル(楽天)
7位 ? 高原慶一朗/50億ドル(ユニ・チャーム)
8位 O 似鳥昭雄/44億ドル(ニトリ)
9位 ? 重田康光/41億ドル(光通信)
10位 ? 伊藤雅俊/39億ドル(セブン&アイ・ホールディングス)
コメント(1) 

月刊ムー 2018年11月号 血液型の科学《感想》  [新聞・雑誌]


ムー 2018年 11 月号 [雑誌]

ムー 2018年 11 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2018/10/09
  • メディア: 雑誌


CCI_20181013_130640_0001.jpg

「血液型の科学」についての感想です。
編集部にこんなメールを送ってみました。

たとえ確率の計算が間違っていたとしても、5%が「有意(偶然ではない)」という判断になるので、全然問題ありません。
前回の繰り返しになりますが、いい記事なので読んで損はないと思います。[グッド(上向き矢印)]

【メールの内容】

1月号の特集「血液型の科学」での、血液型と性格についてわかりやすい記事をありがとうございます。
“非科学的”と頭ごなしに否定する識者が多い中、非常に中立・客観的な記述にとても好感を持ちました。
さて、その中でいくつか気がついた点があります。

1. 確率の計算について
p160-162の記事中の確率は違うのではないでしょうか?
a.10人の日本人にA型が1人もいない確率は0.37%?
→A型以外の確率の10乗=(1-0.381)^10=0.83%です
b.14人の日本人にA型が1人もいない確率は0.01%?
→A型以外の確率の14乗=(1-0.381)^14=0.12%です
c.5人の日本人にB型が4人以上の確率は0.2%?
→B型の確率の5乗+5C4×B型の確率の4乗×B型以外の確率
=0.218^5+5*0.218^4*(1-0.218)=0.12%です0.93%です
d.20人の日本人にB型が1人もいない確率は0.07%?
→(1-0.218)^20=0.73%です

2.バーナム効果、確証バイアス、予言の自己成就
バーナム効果は、その性格が「誰にでも当てはまる」のですから、「確証バイアス」や「予言の自己成就」のように、「特定の血液型にだけあてはまる」性格を思い込むことは、論理的に言ってありえません。逆も同じです。
また、有名な特性である「神経質」「マイペース」などの浸透率は70%程度ですから、常識的にも「誰にでも当てはまる」ことはありえません。
https://abofan.jimdo.com/ホーム/なぜ関係があるのか/

3.性格テストでは差が出ている
上の2により、日本人の調査では、有名な「神経質」「マイペース」などでアンケートをすると、必ず差が出ることになり、現実的にも数十万人のデータで実証されています。心理学者の調査でも同じです。
https://abofan.jimdo.com/ホーム/なぜ関係があるのか/

4. BPOの「要望」
岡野誠氏が提起した「血液型裁判」の二審判決(2012年7月19日)で、BPOは実質的に「血液型は非科学的」という主張を取り下げています。
http://www010.upp.so-net.ne.jp/abofan/okano.htm
また、病気との関係はすでに実証されていると言ってもよいでしょう。
(永田宏氏 血液型で分かる なりやすい病気・なりにくい病気 など)

せっかくの良い記事ですので、念のためご確認いただければと思います。
コメント(3) 

月刊ムー 2018年11月号 血液型の科学 [新聞・雑誌]


ムー 2018年 11 月号 [雑誌]

ムー 2018年 11 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2018/10/09
  • メディア: 雑誌

今月号の特集に、2色刷の「血液型の科学」があります。
武田知弘さん、藤田紘一郎さんへの取材記事と、能見正比古さんの紹介が掲載されています。
全般的にはよく書けているのですが、残念なことに心理学的視点からの分析が物足りないですね。
とは言っても、いい記事なので読んで損はないと思います。[グッド(上向き矢印)]
コメント(0) 

Masakoさん 上司のトリセツ これで会社が楽しくなる!! [新刊情報]


上司のトリセツ これで会社が楽しくなる!!

上司のトリセツ これで会社が楽しくなる!!

  • 作者: Masako
  • 出版社/メーカー: 熊日出版
  • 発売日: 2018/09/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

紹介のみです。

コメント(0) 

第4次安倍改造内閣の血液型

O9、A7、B4、AB0となりました。
O型がほぼ倍増し、B型が減り、AB型はゼロです。
初入閣が12人と多く、政策型というよりは派閥均衡型だからかもしれません。

e8fcd020e92eb7977cb78446acccef58_s.jpg

総理大臣 安倍晋三 B
副総理兼財務大臣 麻生太郎 A
総務大臣 石田真敏 B
法務大臣 山下貴司 A
外務大臣 河野太郎 O
文部科学大臣 柴山昌彦 A 
厚生労働大臣 根本匠 A
農林水産大臣 吉川貴盛 O
経済産業大臣 世耕弘成 B
国土交通大臣 石井啓一 B
環境大臣 原田義昭 O
防衛大臣 岩屋毅 A
官房長官 菅義偉 O
復興担当大臣 渡辺博道 O
国家公安委員長 山本順三 A
経済再生担当大臣 茂木敏充 O
沖縄・北方担当相大臣 宮腰光寛 O
地方創生担当大臣 片山さつき O
科学技術担当大臣 平井卓也 A
五輪担当相大臣 桜田義孝 O

続きを読む


コメント(3) 

ノーベル賞を受賞した本庶佑さんの血液型はわかりせんでした

nobel_medal.png

本庶佑さんがノーベル医学・生理学賞を受賞しました。
おめでとうございます。
残念ながら血液型はわかりせんでした。
コメント(0) 

牧田寛氏の論考と現実との大きなギャップ《3》 [北海道大停電]

前回の補足として「所内単独運転」についてもう一度取りあげます。

makita2.JPG

繰り返しになりますが、牧田寛氏は、私設原発応援団たちによる、間違いだらけの「泊原発動いてれば」反論を斬る(2018.09.20)の中でこう書いています。

私は宇佐美氏が持ち出したと聞くまで、PWR発電所で所内単独運転が実施されていることを把握していませんでした。なぜなら、所内単独運転による運転継続は、原子炉を運用する電気事業者は強く実現したがってきたことですが、原子炉を不安定な過渡状態に置くことは多重防護の第一層を壊す行為であるため、多重防護の第一層を守ると言う原則から、逸脱運転である所内単独運転で運転継続するのではなく、まずは原子炉を停止すると言う共通認識があったからです。(参考文献:原子炉の暴走―SL‐1からチェルノブイリまで 石川迪夫 日刊工業新聞社 1996/04)


原子炉の暴走―SL‐1からチェルノブイリまで

原子炉の暴走―SL‐1からチェルノブイリまで

  • 作者: 石川 迪夫
  • 出版社/メーカー: 日刊工業新聞社
  • 発売日: 1996/04
  • メディア: 単行本

原子力安全の大原則として、多重防護の第一層を破壊する行為である低出力所内単独運転は禁じ手とされてきました。何か異常があれば「止める」です。多重防護の第二層です。

つまり、原発の「所内単独運転」は極めて危険だから全くの禁じ手だということです。

さて、牧田氏のこの記事がハーバービジネスオンラインに掲載されたのは2018年9月20日です。
ところが、驚くべきことに、記事が掲載翌日の9月21日0:45のツイートでは、牧田氏は実質的にこの主張を撤回してしまったようです!

MAKITA-TWEET.JPG

所内単独運転ですが、どちらかと言うと、原子炉と周辺機器がかわいそうなんですよ。かなり機器に無理がかかりますし、余分な熱をタービンで消費できないので熱の捨て先にも無理がかかる。BWRでは復水器に捨てるそうで、かなりいやな感じです。

このツイートでは、所内単独運転は「逸脱運転だから危険」という話はすっかり姿を消し、代わりに「かなり機器に無理がかかるから原子炉と周辺機器がかわいそう」なだけで、基本的に所内単独運転は可能だと読むしかありません。
つまり、以前とは180度主張が変わってしまったことになります。
私は狐につままれたような気持ちになりました…。[たらーっ(汗)]

続きを読む


コメント(4) 

牧田寛氏の論考と現実との大きなギャップ《2》 [北海道大停電]

前回の続きです。

いろいろと調べてみたのですが、どうやら牧田氏の原発「専門家」としての知識はかなり疑わしいようです。
ここでは外部電源喪失時の「所内単独運転」を取り上げます。

makita2.JPG

氏は、私設原発応援団たちによる、間違いだらけの「泊原発動いてれば」反論を斬る(2018.09.20)の中でこう書いています。

私は宇佐美氏が持ち出したと聞くまで、PWR発電所で所内単独運転が実施されていることを把握していませんでした。なぜなら、所内単独運転による運転継続は、原子炉を運用する電気事業者は強く実現したがってきたことですが、原子炉を不安定な過渡状態に置くことは多重防護の第一層を壊す行為であるため、多重防護の第一層を守ると言う原則から、逸脱運転である所内単独運転で運転継続するのではなく、まずは原子炉を停止すると言う共通認識があったからです。(参考文献:原子炉の暴走―SL‐1からチェルノブイリまで 石川迪夫 日刊工業新聞社 1996/04)


原子炉の暴走―SL‐1からチェルノブイリまで

原子炉の暴走―SL‐1からチェルノブイリまで

  • 作者: 石川 迪夫
  • 出版社/メーカー: 日刊工業新聞社
  • 発売日: 1996/04
  • メディア: 単行本


原子炉は、送電線への落雷により外部への送電が出来なくなると、直ちにタービントリップし、原子炉もトリップ(PWRの“方言”。BWRではスクラム。緊急停止のこと)します。この際、非常用DGにより電源を供給しますが、原子炉は自動的に止まります。原子炉は超低出力運転や停止直後、核毒(中性子を吸収し連鎖核反応を阻害する)Xe(ゼノン、キセノン)が発生し、臨界の維持が困難な過渡状態になります。

原子力安全の大原則として、多重防護の第一層を破壊する行為である低出力所内単独運転は禁じ手とされてきました。何か異常があれば「止める」です。多重防護の第二層です。

つまり、原発の「所内単独運転」は極めて危険だから全くの禁じ手だということです。

→宇佐美氏のブログの関連部分 コロラド先生のデマについて 2018.9.12

なお泊原発は短時間であれば所内単独運転できるので周波数が乱れただけで即座に落ちるということはないことをあらかじめ指摘しておく。

宇佐美氏が根拠としているのは原子力安全・保安院の「北海道電力㈱泊発電所1号機及び2号機の安全性に関する総合的評価(一次評価)に関する審査結果取りまとめ(案)」です。
では、牧田氏が推薦する一般書と、原子力安全・保安院のどちらを信じるかと言うと、私のような普通の人は後者でしょう。[たらーっ(汗)]

とはいっても、日本の役所は「原子力村」だから信用できない、という反論があるかもしれません。

続きを読む


コメント(0) 

牧田寛氏の論考と現実との大きなギャップ [北海道大停電]

前回の続きです。

最近、牧田寛氏の北海道大停電についての一連の論考は、大手マスコミが「泊原発」をタブー視して、ほとんど情報が入手できない中、ネットを中心に大きな反響を呼んでいます。
これらは、9月10日からハーバービジネスオンラインハーバービジネスオンラインに掲載され、本当のことを知りたい人にとっては、非常に参考になる資料となっています。

北海道胆振東部地震「泊原発が動いていれば停電はなかった」論はなぜ「完全に間違い」なのか 2018.09.10

makono2.JPG

私設原発応援団たちによる、間違いだらけの「泊原発動いてれば」反論を斬る 2018.09.20 
北海道電力は今回の震災を教訓として「常敗無勝国策」から脱却せよ 2018.9.22

ただ、「専門家」による技術的な見解としては、私のような「素人」でさえ、少々首をかしげたくなるものも少なくありません。
ここでは、それらの代表的なケースを備忘録として書き留めておきます。

1. 北海道胆振東部地震「泊原発が動いていれば停電はなかった」論はなぜ「完全に間違い」なのか

牧田氏はこう書いています。

北海道電力の特徴は、産炭地であったと言う歴史的経緯から火力発電所にしめる石炭火力発電所の割合が高いことです。石炭火力発電所は、負荷追従運転が苦手で、出力調整運転も余りしません。基本的に定格出力運転をする為に出力変動調整能力に欠けます。これは原子力発電所も同じで、日本の原子力発電所は負荷追従運転ができませんし、出力調整運転の認可を受けていません。結果、やはり定格出力運転のみを行います。 北海道電力は、電力需要が少ない一方で、需要に対して容量の大きな発電所が多く、それらは出力調整能力を持たない(あっても負荷追従が出来ない)と言う特徴があります。 結果、電力需要の少ない夜間に発電容量の大きな発電所が急に脱落すると出力調整余力がなく連鎖的に送電網が破綻してしまうという弱点があります。

実は、この中には明らかにおかしい記述が、少なくとも2つあります。

続きを読む


コメント(9) 
前の10件 | -