So-net無料ブログ作成

習近平主席はB型?《続》

しばらく前の 習近平主席はB型? というエントリーの続きです。

内容はこのニュースが一番詳しいようです。

习近平在北师大的180分钟说了啥
習近平主席は北京師範大学の180分に何を言ったか
http://blog.sina.com.cn/s/blog_5e84f3170102v125.html

001JjJyfgy6LX4p8GwHa3&690.jpg

「教師の日」(老師節)の前の2014年9月9日に、習近平主席は北京師範大学を訪問して、董奇学長とこう会話したそうです。

习近平接着来到“中国儿童青少年的十年调查报告”展板前,他问及血型和行为的关系,董奇一时没反应过来。习近平解释说,古希腊的希波克拉底曾提出不同的血型和人格有关系,他很感兴趣,“今天时间有限,改天请你上心理学的课。”

《大意》習近平主席は「中国児童青少年の10年調査報告」についてのパネルの前で、血液型と行動の関係について質問したが、董奇学長は何も反応しなかった。習近平主席が、古代ギリシャのヒポクラテスは血液型と人格が関係していると説明したところ[注:多血質などの体液質のこと]、彼はとても興味を持って、今日は時間が限られているので、改めて心理学の授業をお願いしますと言った。

まぁ、この話がどの程度本当なのか分かりませんが、中国でも「血液型と性格」の話題が(それなりに)ポピュラーであることを示しています。なにしろ、国家の最高権力者が、教育学の権威に血液型を質問しているのですから…。

そこで、中国の「血液型と性格」の文献を検索してみたところ、中国オリジナルの学術研究で面白いものが見つかりました。

街头无偿献血者ABO血型与性格的调查研究
An investigation on personalities in relation to ABO blood groups of non-remunerated blood donors on street
街頭無償献血者のABO血液型と性格に関する調査研究
http://gb.oversea.cnki.net/KCMS/detail/detail.aspx?filename=YJZY201113114&dbcode=CJFD&dbname=CJFD2011

続きを読む


コメント(0) 

インドの科学誌の研究 [論文]

ネットで検索したら、今度はインドの研究を見つけました。[ひらめき]

india.PNG

Amreen Nahida, Nandini Chatterjee
A study on relationship between blood group and personality
International Journal of Home Science 2016; 2(1): 239-243
http://www.homesciencejournal.com/archives/2016/vol2issue1/PartD/2-1-54.pdf

この研究では、サンプルが男女50人の計100人だから差が出るはずがありません。
なぜなら、差を見出すためには、少なくとも数百人以上のサンプルが必要だからです。
なお、性格検査はEysenck’s Personality Questionnaire-Revised (EPQ-R)を使っています。
普通は、ビッグファイブのNEO-PI-Rなので、珍しいですね。

面白いと思ったのは、以前のエントリーに書いた中東の3件の論文土嶺章子さんの英語の論文が、参考文献に挙げられていることです。
#なぜか、土嶺章子さんの論文では、彼女の名前が3番目…。男尊女卑?

やはり英語の情報発信が大事なんですね。

コメント(0) 

王建強さん 血型人格(中国) [既刊情報]

アメリカのAmazonで血液型本を検索していたら、2014年発行の中国語の本を見つけました。
出版社は北京理工大学とあるので、かなり真面目な内容のようです。

51UgHyz5zIL._SX354_BO1,204,203,200_.jpg

しかし、残念なことに、日本には「発送不可」とのことで買えませんでした。
日本のAmazonでも売ってません。
いろいろと探してみると、中国のAmazonで売っているのを発見したので、早速注文してみました。
#本体が21元と格安なのに、送料は110元と馬鹿高い…。[バッド(下向き矢印)]

ちなみに、やり方はこちらです。
ポイントは、意味が分からない文章にはchromeの翻訳機能を使うことと、文字化けの可能性を考えて、住所や氏名はローマ字で入力することです。

中国のAmazonでは、圧倒的に韓国の「血液型くん」の人気が高く、次は「自分の説明書」のようですね。
大手ネット通販サイト dangdang.com(当当)で見ると、「血液型くん」には400件ぐらいコメントが付いてます。
日本のAmazonでは90件程度ですから、人気のすごさがわかります。[るんるん]

コメント(0) 

第3次安倍第3次改造内閣の血液型


暗闘

暗闘

  • 作者: 山口 敬之
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/01/27
  • メディア: 単行本

最近の安倍政権の傾向とは逆で、B型とO型が増え、A型が減りました。
これは、一部で言われているように、安倍1強状態から興派閥均衡型への変化を示唆しているのかもしれません。

 総理大臣 安倍晋三 B
 副総理兼財務大臣 麻生太郎 A
 総務大臣 野田聖子 A
 法務大臣 上川陽子 AB
 外務大臣 河野太郎 O
 文部科学大臣 林正芳 B
 厚生労働大臣 加藤勝信 B
 農林水産大臣 齋藤健 A
 経済産業大臣 世耕弘成 B
 国土交通大臣 石井啓一 B
 環境大臣 中川雅治 O
 防衛大臣 小野寺五典 O
 官房長官 菅義偉 O
 復興担当大臣 吉野正芳 B
 国家公安委員長 小此木八郎 A 
 沖縄・北方担当相大臣 江﨑鐵磨 AB
 一億総活躍担当大臣 松山政司 A
 経済再生担当大臣 茂木敏充 O
 地方創生担当大臣 梶山弘志 A
 五輪担当相大臣 鈴木俊一 B

【参考】第2次安倍内閣から第3次安倍第3次改造内閣の血液型

 第2次 O 6、A 6、B 5、AB2
 改造後 O 4、A11、B 3、AB1
 第3次 O 3、A10、B 2、AB2
 改造後 O 4、A 7、B 8、AB1
 第2次改造後
     O 3、A 9、B 6、AB1
 第3次改造後
     O 5、A 6、B 7、AB2
 合計  O25、A49、B31、AB9
コメント(0) 

中東の研究報告3件の紹介 [論文]


You Are Your Blood Type

You Are Your Blood Type

  • 作者: Toshitaka Nomi
  • 出版社/メーカー: Pocket Books
  • 発売日: 1988/04
  • メディア: ペーパーバック

中東の研究報告というのを初めて見ました(書かれているのは英語です)。
ひょっとして、『自分の説明書』がペルシャ語かアラビア語に翻訳されたのでしょうか…。[るんるん]
#それぞれの結果が一致しないのは、まさに私の予想どおりです。

最初の論文の参考文献は、アレキサンダー・ベッシャーさんのYou are Your Blood Typeなので、英語の情報発信の必要性を痛感しています。
ところで、今回紹介するのはすべてイランの研究報告ですが、なぜか英語圏のデータベースには登録されていないようですね。
何か理由があるのかな?

○No.1
Fatemeh Beheshtian, Roghayeh Hashemi and Zolfaghar Rashidi
The Five Personality Factors over the Students with Four Blood Types
Journal of Applied Environmental and Biological Sciences, 2015, 5(8):45-49
サンプル160人 NEO PI-R → openness to experience に差が出た
https://www.textroad.com/pdf/JAEBS/J.%20Appl.%20Environ.%20Biol.%20Sci.,%205(8)45-49,%202015.pdf

○No.2
Mohammad Sharifi, Hamza Ahmadian and Ali Jalali
The relationship between the big five personality factors with blood types in Iranian university students

Journal of Chemical and Pharmaceutical Research, 2015, 7(5):233-240
サンプル400人 NEO PI → openness と extraversion に差が出た
http://www.jocpr.com/articles/the-relationship-between-the-big-five-personality-factors-with-blood-types-iniranian-university-students.pdf

○No.3
Zirak Morandlou Hossein
The Relationship between Students’Personality Traits and Their Blood Types
Journal of Health and Devalopment 2012, 1(3):221-226
サンプル不明 NEO-FFI → 血液型も性別でも差が出なかった
http://en.journals.sid.ir/ViewPaper.aspx?ID=299581

続きを読む


Fred Wong & Eugenia Wan さん Bloody AI Alchemist [新刊情報]



とりあえず紹介のみです。
結構本格的な内容のようで、つい期待してしまいますね。
著者は、投資銀行に勤務していて、AIにも強いらしいです。
日本語ではないので、読み込むのに時間がかかりそう…[たらーっ(汗)]
著者のサイトは次のとおりです。
http://www.bloodtype.ai/english/
現在は協力者募集中とのことです。
なお、Facebookのアドレスはこちらです。
https://www.facebook.com/bloodtypeai/
ひょっとして、「外圧」で日本の状況が一変するのかな?

よい教育とは何か 構造構成主義研究5《再》 [疑似科学とされるものの科学性評定サイト]


よい教育とは何か 構造構成主義研究5

よい教育とは何か 構造構成主義研究5

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 北大路書房
  • 発売日: 2011/04/01
  • メディア: 単行本

2年ほど前に書いたエントリーの補足です。

この本の編者の1人である京極真さんは、石川幹人さんと清水武さんが共同執筆した、血液型と性格の関連性を示唆した論文がリジェクト(不掲載)されたことを、twitterでこうつぶやいています。
https://twitter.com/makver2/status/64457181021470720

次の「清水武 2011 心理学は何故,血液型性格関連説を受け入れ難いのか 学会誌査読コメントをテクストとした質的研究 構造構成主義研究5 92-115」は学会の通説と異なる結果を、査読という閉鎖空間で否定する査読者の言説を分析してます http://amzn.to/mmalZu

kyogoku.PNG

清水さんは、この「学会の通説と異なる結果」(血液型と性格の関連性を示唆)への論文査読者のコメントに大きな衝撃を受けました。
しかし、この論文は(仮に正しいとしても)現在の●●が掲載を認めるものではないと思われる。(●●は学会名) p106
心理学者は決して感情で否定しているわけではない。むしろ感情では肯定しているが論理として(あるいは職業倫理として)否定している心理学者が多いように見受けられる(代表的な方は大村政男先生) p107

そこで、こう確信したそうです。
今後、関連説を検討するのであれば、否定論者らの領域を侵害せずに、最初から別の道を歩むのが現実的であろう p111

ところで、奇妙なことに、このリジェクトされた論文の執筆者の一人である、石川幹人さんが主宰する「似科学とされるものの科学性評定サイト」では、血液型と性格の関連を“疑似科学”として否定しています。
○血液型性格診断
http://www.sciencecomlabo.jp/fortune-telling/blood_type.html

その一方、最初に紹介した血液型と性格の関連性を示唆した自分の論文は――過去にリジェクトされたにもかかわらず――このサイトで紹介しています。
疑問に思ったので、血液型と性格の関連性をどう考えるのか、このサイトで質問してみたころ、なぜか現在まで“回答拒否”でした。

これらの非常に不思議な現象を合理的に説明できる論理はただ一つです。
それは、アカデミックな立場で「血液型と性格の関連性」を話題にするのはタブーだ、ということでしょう。
まさに清水さんの言うとおりで、「今後、関連説を検討するのであれば、否定論者らの領域を侵害せずに、最初から別の道を歩むのが現実的であろう」ということなのです。

ということで、私はチマチマとこんなブログを書いています(笑)。

安倍首相は内閣改造を8月3日に予定

安倍首相(B型)は、内閣改造を8月3日に予定しているというニュースが入っきています。
過去はA型とB型が優位だったのですが、今回はどうなるのでしょうか?

seiji_kokkai_gijidou.png

蓮舫さん(A型)は二重国籍なのか?

蓮舫さん(血液型はA型)の、いわゆる「二重国籍」問題について、一年ほど前のエントリーをもう少しわかりやすい形で書き直してみました。

蓮舫「二重国籍」のデタラメ

蓮舫「二重国籍」のデタラメ

  • 作者: 八幡和郎
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2016/12/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

この問題の特徴は、1つのメディアだけ読んでいると、全容がつかめないことです。
マスメディア(テレビや新聞など)では、二重国籍問題を釈明するのに戸籍謄本を見せるのは、プライバシーの観点からして“行き過ぎ”だから、不要だという意見が多いようです。
例えば、7月13日付の朝日新聞の社説 「民進党 勘違いしていませんか」 です。

「二重国籍」問題で、蓮舫氏の説明が二転三転したことは、公党のリーダーとして不適切だった。 だが、主な敗因とは思えない「二重国籍」問題に議員たちがこだわるようなら、国民はどう受け止めるだろう。
もう一つ懸念されるのは、蓮舫氏が戸籍謄本を公開することが社会に及ぼす影響だ。
本人の政治判断とはいえ、プライバシーである戸籍を迫られて公開すれば、例えば外国籍の親を持つ人々らにとって、あしき前例にならないか。
民進党と蓮舫氏はいま一度、慎重に考えるべきだ。

一方、ネット上では、いやしくも首相を目指していることを宣言した政治家なら「二重国籍」は許されず、自らの戸籍情報を公開して「説明責任」を果たすのは当然、という主張が目立っています。
次は、その急先鋒である池田信夫さんです。

たとえば蓮舫氏が選挙公報に「東大卒」と書いて当選し、嘘ではないかといわれたとき、身の証しを立てるには東大の卒業証明書を出すしかない。それが出せなければ、学歴は嘘だ。戸籍謄本は、この卒業証明書と同じである。
ここで大事なのは東大卒か否かではなく、東大卒と学歴を偽ったかどうかである。学歴詐称は解雇条件なので、普通のサラリーマンでも履歴書に東大卒と書いて入社してあとから嘘とわかったら解雇される。首相になったら自衛隊の総指揮官になる民進党代表の国籍が不明という状態が許されないのは当然だろう。

池田信夫さんの最新の投稿は次のとおりです。

【更新】朝日新聞 勘違いしていませんか
蓮舫代表は台湾国籍を離脱したのか
なぜ戸籍謄本の開示が必要なのか

また、この「二重国籍」問題の発端となった、八幡和郎さんの最新の投稿(アゴラ)は次のとおりです。
#彼の指摘が発端となり、アゴラなどのネットメディアを中心に、活発な議論が交わされました。

蓮舫が戸籍謄本の開示を撤回?記者会見を解説

もっとも、この問題を理解するには、国籍法、戸籍法、公職選挙法などの法律の専門的な知識が必要です。
しかも、現在の条文を読んだだけではダメで、過去の改正の経緯や、現実の細かい運用まで知らないといけません。

kokuseki.PNG
出所:法務省 国籍選択の具体的方法
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji78.html#01

それだけではなく、台湾や中国の国籍法もわからないと、全体が理解できないので相当面倒です。

そこで、蓮舫さんの記者会見が予定されている7月18日の前に、備忘録も兼ねて私が疑問に思った点をまとめておくことにします。

続きを読む


Clova WAVEを予約注文しました

昨日、Clova WAVEを予約注文しました。
Amazon EchoやGoogle Homeに対抗する、LINEのAIスピーカーです。

今月ぐらいには届くらしいです。
が、最初はLINE Musicしか使えないので、血液型はしばらく質問できません(笑)。

実際にいろいろなAIに質問してみたところ、自分の血液型を答えてくれるのは、Microsoftの「りんな」ぐらいで、Apple Siri、Amazon Echo、Google Homeは回答してもらえませんでした。[たらーっ(汗)]

clova-wave.PNG