So-net無料ブログ作成
検索選択

「思い込み」が存在するという論文は少数派 [疑似科学とされるものの科学性評定サイト]



多くの心理学論文では、血液型によるデータに偏りがない、言い換えれば差がないものとされています。
しかし、これらの論文を影響力で重み付けをした「インパクトファクター」で比較してみると評価が逆転します。差があるというものが圧倒的に優勢なのです。それは前回のエントリーに書いたとおりです。
もっとも、差が出ているとしても、それは「本当の差」ではなく、あくまで「思い込み」による見かけ上のものだ。だから、本当は血液型と性格には関係がない。という心理学者も決して少なくありません。
そうでしょうか?

ここでまた、前回紹介したインパクトファクターで比較してみましょう。
心理学では、本人の回答をそのまま採用するのが原則です。まじめに回答しない不心得者は、ごく一部だということが大前提なのです。まぁ、当然といえば当然で、ウソの回答が大部分ではその調査の信頼性はゼロですからね。

たとえば、心理学の性格検査でいうと、
自己報告型の質問紙調査の結果は,通常「その人の性格そのもの」を表わすと受け取られている(「その人の性格」ではなく,あくまで「その人の性格の認知」を表わすというふうにもってまわった考え方は普通しない)。
【出典:白佐俊憲・井口拓自 血液型性格研究入門
とあります。

この白佐さんらの考えに従うと、血液型に関する調査だけ、「思い込み」による“ウソ”の回答だと主張するのは相当無理があります。

それに、血液型と性格に関係がないと主張する多くの心理学者は、血液型によるデータに差がないというのが、「関係がない」根拠としています。たとえデータに差があったとしても「関係がない」のなら、このデータには何の意味もありません。差があってもなくとも「関係がない」なら、手間と時間をかけて調査するだけムダというものです。

それだけではなく、血液型と関係しているといわれている「神経質」「おおらか」「マイペース」などを質問すると、回答者の血液型によってバイアスがかかっているということになります。ここまで行くと、性格検査などは、血液型によってその“パイアス”を補正する必要があるはずで、かなり大変なことになってしまいます。もちろん、そんな話は誰も聞いたことがありません(笑)。

つまり、血液型に関する調査だけが「思い込み」による“ウソ”の回答をしているなんて、本心から信じている人はいないのです!

そういうことですから、インパクトファクターが示されている論文で、「思い込み」の存在を仄(ほの)めかしているものは、私が知る限りただ1つだけです。
#ただし、この論文は差があるのは思い込みのせい「だろう」とあるだけで、直接的に存在を証明しているわけではありません。
1.785(IF2015/2016)→Physica A: Statistical and Theoretical Physics Beom Jun Kim, Dong Myeong Lee, Sung Hun Lee and Wan-Suk Gim (2007) Blood-type distribution A psychological implication for the case of B-type males is also suggested as an effect of a distorted implicit personality theory affected by recent popularity of characterizing a human personality by blood types. Physica A: Statistical and Theoretical Physics, 373(1), 533-540.

ということなので、わざわざ調べるまでもなく、その他の多くの論文には、「思い込み」が存在するなんて書いてありません。

結局、論文に影響力で重み付けをした「インパクトファクター」で比較してみると、「思い込み」が存在するとはいえないのです。

補足しておくと、調査人数ベースでは、圧倒的に血液型によって「差がある」という結果が得られています。
ただし、インパクトファクターがついた論文はありませんが、調査方法が妥当であれば問題ないでしょう。

調査人数トップ10 top10.PNG
※金澤正由樹さん「B型女性はなぜ人気があるのか」P103より

トランプ大統領(A型)のGalaxy S3


トランプ自伝―不動産王にビジネスを学ぶ (ちくま文庫)

トランプ自伝―不動産王にビジネスを学ぶ (ちくま文庫)


最近のトランプ大統領(A型)の言動を見ていると、なんとなくデジャブー感を感じます。
たとえば今話題になっている「壁」です。
確かに彼は、アメリカとメキシコの国境に壁を建設するいう公約を掲げていました。でも、本当にこの公約を実行すると信じている人は少数派だったはずです。
そもそも、3200キロメートルという国境に壁を建設するとしたら、いくらするのかわかりません。節約したとしても相当な費用がかかることは確かです。
どこからそんな財源を捻出するのでしょう?
なにしろ、アメリカ政府の予算は議会が承認しないといけないのです。大統領が決断しても、先立つものがなければなんともなりません。
ところが、費用はメキシコからの輸入品の関税から支出するというですから、以前からこの案を考えていたに違いありません。
まさに「有言実行」の大統領です。

TPPの破棄もそうです。
就任当日にTPPを破棄するとは、誰も思っていなかったでしょう。
選挙のときの公約ですが、さすがに当選すればもう少し“現実的”な政策に転換するものと思っていた人が大部分ではないでしょうか。

が、しかしです。
確かにどっかで経験したことがある、というデジャブ感がどうしても頭を離れません。
しばらく考えて、やっと思い出しました。
「郵政民営化」や「郵政解散」をやってのけた小泉純一郎元首相(彼もA型)です。
言葉で説明するのは難しいのですが、なるほど、これがA型的なトップなのかな…と。
もっとも、もう少しA型の意見を聞いてみないといけませんが(笑)。

余談ですが、愛用しているのは“Galaxy S3”とのこと。
古いスマホでツイートしているらしいので、セキュリティが危惧されています。
ニューヨークタイムズにも叩かれました。
それに、Galaxy S3なら韓国製のはずですし(最近のGalaxyはベトナム製もあります)、大部分の部品は日本製でしょう。
America Firstとはちょっと違うような…。
これもA型の意見を聞いてみないとわかりませんね。[たらーっ(汗)]

否定的な心理学論文は学術的な評価が低い [疑似科学とされるものの科学性評定サイト]


ダメな大人にならないための心理学

ダメな大人にならないための心理学

  • 作者: 山岡 重行
  • 出版社/メーカー: ブレーン出版
  • 発売日: 2001/01
  • メディア: 単行本

以前のコメントにも書いたのですが、血液型と性格に否定的な心理学者が書いた論文の「インパクトファクター」(IF)を調べてみました。
インパクトファクターというのは、その学術誌に掲載された論文が何回引用されたか、つまり、どれだけ影響力(インパクト)があるかという数値です。
まぁ、その学術誌の一種の偏差値のようなものといっていいでしょう。
掲載論文の引用回数が多ければ多いほどインパクトファクターが高くなるので、当然ながら有名な雑誌ほど数値が高くなります。
世界でトップクラスのNatureになると、何十というびっくりするような数値になります。それだけ引用される回数が多いということなのですね。
#対して、日本の学術誌の多くは1以下です…。残念!

ところで、インパクトファクターを計算できるのは、雑誌に限りません。研究者の数値も計算できるのです。
研究者のインパクトファクターは、その研究者の論文が掲載された学術誌のインパクトファクターを合計すればOKです。
一言で言えば、この数値が高ければ高いほど、優秀な研究者ということで、潤沢に研究費も使えることになります。
#数値を絶対視するのもどうかと思いますが、傾向を知ることはできます。

早速、血液型と性格に否定的な心理学者が書いた論文のインパクトファクターを調べてみることにしましょう。
まず最初は、山岡重行さん(聖徳大学)のインパクトファクターです。
が、驚いたことに――そして極めて残念なことなのですが――彼の書いた論文のインパクトファクターは、なんとゼロ(!)です。
では、菊池聡さん(信州大学)のインパクトファクターはどうでしょうか?
彼のインパクトファクターは連名では0.926ですが、論文の執筆者では末尾の方なので、実質的にはほとんどゼロです。また、血液型に関する論文では、インパクトファクターが付いたものはゼロとなります。

ついでに、疑似科学とされるものの科学性評定サイトでは、血液型性格診断の「参考文献」と「参考リンク」に紹介されている文献のインパクトファクターは、全てゼロです。
このサイトの管理者さんのインパクトファクターも、公開情報から読み取れるものはゼロというしかありません。
#なんら科学的な議論がされていないし、される見込みもないということなのでしょうか…。
ということで、多くの心理学者は、学術的な評価が低いインパクトファンターがゼロの文献をベースにして、血液型性格診断という“疑似科学”を否定していることになります。
ふぅ。

目を海外に転じると、統計データに差が出た(関係がある)という土嶺章子さんの論文(英語)のインパクトファクターは3.057(!)と、心理学者の論文より遙かに高くなっています。また、別の論文で韓国人が書いた物理学誌の論文(英語)のインパクトファクターは1.785です。
そこで、手元の論文でザックリ計算してみたところ、関係ありが46.052、関係なしが5.838となりました。
このように、インパクトファクターで判断する限り、関係があるという結論が圧倒的に優勢といっていいようです。

インパクトファクターが低く、研究者としての実績はあまりないというなら、“アカデミック”な立場からといった、上から目線のコメントすべきではないと思います。
少なくともネット上では平等に議論させていただきたいものです。

余談ですが、菊池誠さん(大阪大学)のインパクトをファクターも調べてみました。
論文のリストは次のアドレスに公開されています。
http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/papers/
このリストから読み取れるのは、第一執筆者である論文が一つもない(!)ということです。
正確なインパクトファクターは計算できませんが、相当低いことは間違いないでしょう。
血液型性格診断という“疑似科学”を否定するのに、これでいいんでしょうかね?

続きを読む


新装版・負け組のO型こそタレント嫌いで主張せよ! [新刊情報]


新装版・負け組のO型こそタレント嫌いで主張せよ!

新装版・負け組のO型こそタレント嫌いで主張せよ!



岡野さんの新刊が出たようです。
以前に出版したものの新装版らしいのですが、何か追加した部分があるのでしょうかね。

横綱昇進が確実視されている稀勢の里はB型

横綱昇進が確実視されている稀勢の里はB型です。
三代目若乃花以来19年ぶりの日本人横綱となります。
ちなみに、三代目若乃花もB型です。
第60代からの横綱の血液型は次のとおりです。

第71代 鶴竜  A 外国
第70代 日馬富士O 外国人
第69代 白鵬  A 外国人
第68代 朝青龍 O 外国人
第67代 武蔵丸 A 外国人
第66代 若乃花 B
第65代 貴乃花 O 
第64代 曙   O 外国人
第63代 旭富士 B
第62代 大乃国 ?
第61代 北勝海 A
第60代 北尾  A

世界で最も美しい顔は、A型優位!?

2016年「世界で最も美しい顔ベスト100」の血液型判明者を調べてみました。
次のとおりで、A型が圧倒的のようです。

3 nana A
6 石原さとみ A
8 TZUYU A
19 Taeyeon O
29 Seulgi A
35 ura (Girls Day) O
36 桐谷美玲 A
45 Go Ara A
49 Jessica Jung B
56 Ju Jingyi O
71 Irene (Bae Joo-hyun) O
76 Joo Min hee B
79 Liu Yifei B
83 Angelababy (Yang Ying) O
87 Daye (Berry Good) A
92 島崎遙香 A
98 Song Hye Kyo A
→A9 B3 O5 AB0

【参考】
2015 日本芸能人
石原さとみA・佐々木希AB・桐谷美玲A・島崎遥香A
2015 韓国芸能人 世界で最も美しい顔ベスト100
http://koread.tank.jp/entry79.html
2014 韓国芸能人 世界で最も美しい顔ベスト100
http://koread.tank.jp/entry74.html

宮川剛さん「こころ」は遺伝子でどこまで決まるのか―パーソナルゲノム時代の脳科学 [既刊情報]




NHKブックスのサイトには、帯に「血液型占いを信じる人にこそ読んでほしい」とあります。
https://www.nhk-book.co.jp/detail/000000883422011.html
新装刊が出るまでは、血液型の話には全く気が付きませんでした。
著者のスタンスは比較的冷静で、内容は(珍しく、比較的…苦笑)中立的です。
が、未だに「まとも」な論文がないということは、要するにABO血液型と性格の関係の研究が、アカデミックの世界では「タブー」ということを、見事に示しています。
そういう意味では、某大学掲示板の議論ともピッタリ一致しますね。
詳しい紹介は後日に…。

決定版!血液型性格ガイド kindle版 [新刊情報]


決定版!血液型性格ガイド

決定版!血液型性格ガイド


底本は2007年発行です。電子化するのに、多少内容を改訂したようです。
ABOセンターの本なのでちょっと期待してしまいますね。

ノーベル医学・生理学賞を受賞した大隅良典さんはO型


ユビキチン‐プロテアソーム系とオートファジー―作動機構と病態生理

ユビキチン‐プロテアソーム系とオートファジー―作動機構と病態生理

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 共立出版
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 大型本

大隅良典さん、ノーベル賞受賞おめでとうございます!
血液型は、どうやらO型のようです。
これで、現在までの日本人の受賞者は、O6、A4、B3、AB2、不明10となりました。

《出典》
コモトピ
http://common-topics.com/
大隅良典(東京工業大学)の妻と子供は?出身高校と大学と経歴もリサーチ
http://common-topics.com/osumi-yoshinori/

続きを読む