So-net無料ブログ作成
検索選択

血液型特集番組の再放送 [テレビ番組]


林修の今でしょ!講座 11人のスーパードクターから学んだ「身近な病気のヒミツ」編

林修の今でしょ!講座 11人のスーパードクターから学んだ「身近な病気のヒミツ」編

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川マガジンズ
  • 発売日: 2015/04/02
  • メディア: 単行本

血液型特集番組[TV]の再放送があります。
[1]6月3日(土曜)10:00~テレ朝「林修の今でしょ!講座」
[2]6月9日(土曜)27:00~フジ「橋本マナミのヨルサンポ2」
人気なのでしょうか?

tv_show.png

顔写真から血液型を当てる人工知能に挑戦!結果は? [新聞・雑誌]



専門誌「インターフェース」2017年4月号で「顔写真から血液型を当てるラズパイ人工知能に挑戦してみた」というという、血液型ファン垂涎の記事を発見しました。
しかし、結果は散々で、正解率は27.8%と低かったそうです。
確かにこれでは「当たる」とは言えないですね。[バッド(下向き矢印)]

もっとも、学習した画像データは128×128のエリア(画素)に分割したそうなので、かなり解像度は低いです(ちなみにハイビジョンは1920×1080画素)。
そこで、「鼻」だけに特徴を絞るとか、顔を正面向きに補正するとか、いろいろと工夫してみたのですが、正解率は低いままだったそうです。

とは言っても、この実験だけで「血液型による顔の特徴がない」と結論づけるのは早すぎるような気がしますが…。

interface2704.PNG

私は顔かたちでは血液型は当てられませんが、B型は頬骨が低いとか、A型は富士額が多い、O型は丸顔…とか、いろいろあるようです。
これを128×128画素で分析しても当たるとは思えません。[たらーっ(汗)]

続きを読む


ABOセンターの最新記事より 5月24日 脳の活動と血液型の関係~実験で分かったこと [サイト紹介]

ABOセンターのブログ 『ABO記』血液型人間学のはなしの最新記事に、

 脳の活動と血液型の関係~実験で分かったこと
 https://human-abo.blogspot.jp/2017/05/blog-post_24.html

が掲載されました。

脳機能と血液型との関係について、ABOセンターと灰田宗孝博士(東海大学)は10年あまり共同研究を行ってきたとのことです。
この記事によれば、脳の活性量を測定する「光トポグラフィー装置」を使った実験では、A型とB型を比較すると、左脳と右脳の働きが見事な対照をみせているそうです。[ひらめき]

 A型=左脳の活性量が多い
 B型=右脳の活性量が多い

 図 3_活性画像.jpg
 出典:ABOセンターのブログ『ABO記』

また、A型とB型ほどの明確な差は出なかったのですが、

 AB型=両脳の全体を使っている
 O型=右と左を交互に使っている

とのことです。

これらの結果から、「血液型と左脳と右脳の働きには関係がある」と、ほぼ確実に言えるということになります。
しかし、だからといって、血液型と性格は関係がある科学的な根拠だというのは言い過ぎかもしれません。それでも、真実に一歩近付くことができる力強い実験結果ということは確実に言えるでしょう。[グッド(上向き矢印)]

日刊ゲンダイDIGITAL 5月25日 日本人の血液型信仰 「B型」のイメージが悪いのはなぜ? [新聞・雑誌]

『日刊現代デジタル』の2017年5月25日付の記事に、山岡重行さん(聖徳大学)の記事が掲載されています。

日本人の血液型信仰 「B型」のイメージが悪いのはなぜ?
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/206016/1

gendai170525.PNG

ただ、この記事は肝心なところが間違っています。[たらーっ(汗)]

そもそもの起源は、東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)教授、古川竹二氏の論文「血液型と気質」(1927年)だ。親族11人の血液型と性格を観察し、B型とO型は能動的、A型とAB型は消極的と結論付けたことから始まった。

「親族11人」にはAB型はいません。だから、「A型とAB型は消極的と結論付けた」は間違いです。下の図は、その論文の関係する部分の抜粋です。明確に「Ⅳ型(AB型)は吾人の親族に存在しなかつた」とあります。

 古川1927.PNG

普通は、こういう記事なら、取材先(山岡さん)に原稿をチェックしてもらうはずなのですが、今回はそういうことはなかったということなのでしょうか?

もう一つ奇妙なのは、記事中に

山岡博士は1999年から2014年にかけて、首都圏の私大5校の男女8772人を調査。血液型性格診断に科学的な根拠はなく

とあることです。ここには、彼の持論である科学的根拠の「思い込み」や統計の話が全く出てきません。日刊現代デジタルの読者層を考えてデータを省略したのか、あるいは記者が理解できなかったのか、それともスペースの関係で省略したのか(紙媒体ならともかく、ウェブなのでスペースの関係が理由とは思えませんが)…。

いずれにせよ、不思議な内容だと思います。

5/21 22:00 BS-TBS 外国人記者は見たプラス『なぜ日本人は血液型が好き?~タイプ分けする国民性』の感想《続》 [テレビ番組]

pose_english_why_man.png

前回の続きです。
私の知り合いのc-chanさんから、こんな感想がありました。

あの番組で示されたような、各血液型ごとの決めつけ的性格表現では、外国人でなくとも鼻で笑うような反応になってしまいますよね。

→それもありますが、そもそも特徴があまり当たってないんですよね(笑)。

『私A型だけど、それ全然当たってない。私B型かも(笑)』
と笑っていた、A型のジェイク・エデルシュタイン(米)の顔や雰囲気が、何処から見てもA型っぽいので、笑ってしまいました。

→あはは、そのとおりですね。

そして、O型のティム・ケリー(英)は、もしかしてRhマイナス? と感じたのですが、如何でしょうか?
(“血液型差別”なんかイギリスに比べると問題ではない!と発言したイギリス人記者(ロイター)。)

→そう言われれば、確かにそんな気もします。番組宛にメールを送ってみればどうでしょうか?
そもそも、テレビ番組はストーリー展開が決められているので、あんな展開になったのでしょう。
客観性は二の次なのです。
しかし、血液型の番組が増えてくることは好ましいことだと思います。

5/21 22:00 BS-TBS 外国人記者は見たプラス『なぜ日本人は血液型が好き?~タイプ分けする国民性』の感想 [テレビ番組]

とりあえず通して見てみました。

いつもとおりのメンバー(?)で、否定派は山岡さん(スタジオ出演)、肯定派は藤田紘一郎先生(ビデオ出演)が出ていました。
内容は一言で言うと両論併記で、これもいつのとおり山岡さんの「差別はいけない」といった内容ですが、最後にびっくりの「どんでん返し」が待っていたのです。
#これは番組情報にはありません。
それは“血液型差別”なんかイギリスに比べると問題ではない!というイギリス人記者(ロイター)の発言です。
イギリスは、現在でも階級差別が酷いというのです。
まさに“血液型差別”に対する強烈な皮肉ですね。
パックンも、最後の締めで、「この間の飲み会では血液型の話題で盛り上がった」と言ってました。
そこで、タイトルをもう一度よく読んでみると、微妙に「根拠」や「差別」には「?」が付いています。

新情報としては、習近平がB型、キム・ジョンウンがA型、プーチンがAB型(ただし、ネットではプーチンO型説もあり)とのことです。
どこで確認したのかな?

2017-05-21 23.42.08.jpg

たぶん、当分はこの調子で血液型番組が続くのでしょう…。[わーい(嬉しい顔)]
両論併記は望ましいことだと思います。

TVerの番組紹介より
外国人記者は見たプラス『なぜ日本人は血液型が好き?~タイプ分けする国民性』
5月21日(日) 22:00~22:54
科学的な根拠は全くない?ある論文をきっかけに、日本社会に深く根ざす血液型信仰。海外では血液型の質問は違法な差別!?日本人が分類を好むのは“単一民族幻想”のせい?
http://tver.jp/episode/29942415

出演者 ※血液型を追加
【司会】パトリック・ハーランO(パックン)出水麻衣A(TBSアナウンサー)【ゲスト】山岡重行O(社会心理学者)【記者】サンドラ・ヘフェリンAB(独)ジェイク・エデルシュタインA(米)ティム・ケリーO(英)パク・ジンファンAB(韓)孫秀萍B(中)

番組内容
血液型による性格判断が日常に深く浸透している日本。企業の採用や結婚相談所にも、血液型を重視するところがあると云う。はたして血液型と性格は科学的に関係あるのか?こんなに血液型にハマるのは日本人だけ?生まれ順や〇〇系など、タイプ分けが大好きな日本人の気質を外国人記者が斬る!

制作
2016年 ※2017年の間違い

5/21 22:00 BS-TBS 外国人記者は見たプラス『なぜ日本人は血液型が好き?~タイプ分けする国民性』 [テレビ番組]

またまた血液型番組です。
山岡さんが活躍しているようです。
たまたまなんでしょうが、パックンと山岡さんはどちらもO型ですね。

http://tver.jp/episode/29942415

外国人記者は見たプラス『なぜ日本人は血液型が好き?~タイプ分けする国民性』
5月21日(日) 22:00〜22:54 【タイトルの時間が間違っていたので訂正しました】
科学的な根拠は全くない?ある論文をきっかけに、日本社会に深く根ざす血液型信仰。海外では血液型の質問は違法な差別!?日本人が分類を好むのは“単一民族幻想”のせい?

出演者
【司会】パトリック・ハーラン(パックン)出水麻衣(TBSアナウンサー)【ゲスト】山岡重行(社会心理学者)【記者】サンドラ・ヘフェリン(独)ジェイク・エデルシュタイン(米)ティム・ケリー(英)パク・ジンファン(韓)孫秀萍(中)

番組内容
血液型による性格判断が日常に深く浸透している日本。企業の採用や結婚相談所にも、血液型を重視するところがあると云う。はたして血液型と性格は科学的に関係あるのか?こんなに血液型にハマるのは日本人だけ?生まれ順や〇〇系など、タイプ分けが大好きな日本人の気質を外国人記者が斬る!

制作
2016年

tver.PNG

血液型と性格の『ダメな統計学』 [サイト紹介]


ダメな統計学: 悲惨なほど完全なる手引書

ダメな統計学: 悲惨なほど完全なる手引書



昨日5月13日に、『ABO記』血液型人間学のはなしで、「能見正比古の「血液型人間学」が統計であるかないかということに、どれくらい意味を持たせるかというところの真実」という記事がポストされていました。
その中に、ちょっと気になる内容を見つけたのでコメントしておきます。

先日、たまたまこんなサイトを見つけました。
http://transact.seesaa.net/article/109878065.html
このサイトは、「能見正比古は統計なんかとっていない」とタイトルにあります。
私はタイトルだけ見たとき、「へえ、そうなんだ、どういうこと?」なんて、何だか他人事のように素朴な疑問が生まれたので、ちょっと読み進めてみたのですが、こちらのサイト運営者は、能見の本を読んだけど、性格を分析するのに統計データをとったとはとても思えない、というような説明が書かれていたのでした。

この人とは散々議論したのですが、驚くべきことに本人が「カイ二乗検定」をよく知らないようなのです。データは実数のような連続量(比例尺度)だけと決めつけているんですね。だから能見正比古さんが「統計なんかとってない」などという妙な結論になるのです。
#心理学も全くの素人のようです[もうやだ~(悲しい顔)]

そもそも、血液型のデータは0~1のような連続量ではなく、「はい」「いいえ」のように離散的(名義尺度や順序尺度)だから、連続量を仮定した正規分布で分析してはダメなんです。統計の入門書にもそう書いてあるのですが、なぜかこの人は理解したくないらしいです。
間違った理解に基づいて話をするのですから、議論が噛み合うはずがありません。
結局、「血液型と性格」の統計をわかっていないのでは…という趣旨の私の質問には“回答拒否”になりました。
困ったものです。

血液型の統計は、意外と難しいんです。
それは、内容が難しいというのではなく、具体的にどんな手法を使うか判断するのがわからないようなんです。まじめに血液型を研究する人は少ないですからね。
たぶん、能見正比古氏さんより統計に強かった人はいないんじゃないでしょうか。

これは、いままで議論してきた、疑似科学とされるものの科学性評定サイトの管理者さん、あるいはlet's skepticさん、Twitterで私の質問を“難癖”とおっしゃった山本弘さん、回答拒否のままkiklogを閉鎖した菊池誠さん、私の投稿に回答せず速攻で削除したNATROMさん…にも、大なり小なり共通する傾向です。
そういう「他者とデータを共有したがらない傾向」とデータ分析の誤りの多さには正の相関があることが、オランダ・アムステルダム大学のイェルテ・ヴィヒェルツさんらの研究で明らかになりました。

このことは、「血液型と性格」に限らず、あらゆる科学的議論でデータを共有すべき理由をはっきり示すものです。また、多くの誤りは、公刊された論文の中では明らかにならず、誰かがゼロから元々のデータを再分析するときにのみ発見されるのだそうです。

isogashii_hakui_woman.png

次はその説明です。

続きを読む


O型は認知症になりにくらしい… [新聞・雑誌]

イギリスのデーリーメール紙によると、O型は認知症になりにくらしいです。
見出しはまだいいのですが、本文を読むと…。
それは、読んでからのお楽しみです。[わーい(嬉しい顔)]

Can your blood type protect you from getting dementia? Experts reveal how your group can affect everything from your health to your love life
Read more: http://www.dailymail.co.uk/health/article-4310188/Can-blood-type-protect-getting-dementia.html
Follow us: @MailOnline on Twitter | DailyMail on Facebook

Science_is_revealing_how_having_a_particular_blood_type_can_play-a-2_1489438560801.jpg
※画像はデイリーメール紙より

沖縄駐留の米軍人向けのサイトで血液型の情報 Stripes OKINAWA [サイト紹介]

沖縄駐留の米軍人向けのサイトで血液型の情報「Stripes OKINAWA」という沖縄駐留の米軍人向けのサイトで、血液型の情報を見つけました。
軽いタッチでさらっとまとめられているので、楽しく読むことが出来ます。
A型とB型は相性が悪いとされているが、この記事の執筆者はA型で妻はB型だが、25年寄り添ったから大丈夫とか(笑)。
現在では、Google翻訳の性能がかなり向上したので、ざっと読むだけなら何語でも大丈夫です。

ただ、情報にいくつか間違いがあるのは気になりますね。
スティーブ・ジョブズはO型ですし、クリントン元大統領はAB型です。

stripesOKINAWA.PNG

URL: http://okinawa.stripes.com/news/bloody-truth-japan-many-believe-your-blood-determines-your-personality