So-net無料ブログ作成
既刊情報 ブログトップ
前の10件 | -

永田宏さん 血液型で分かる病気のリスク《おまけ》 [既刊情報]


血液型で分かる病気のリスク (幻冬舎ルネッサンス新書)

血液型で分かる病気のリスク (幻冬舎ルネッサンス新書)

  • 作者: 永田 宏
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎ルネッサンス
  • 発売日: 2014/09/03
  • メディア: 新書


前回の補足情報です。

最近得た情報では、この本の著者の永田宏さんは、前作の『血液型で分かる なりやすい病気・なりにくい病気』を出したときに、「アンチ血液型」の人から、血液型と性格に関係があるはずがない…と相当批判されたらしいです。

そこで、30ページには、わざわざ
私としてはやはり、血液型と性格はほとんど関係しないと結論づけるべきではないかと思っています。
と断り書きを入れたとのこと。

ただ、「本音」もチラッと書いていて、
 血液型性格診断の否定派の中には、これを蛇蝎のごとく毛嫌いする人たちがいます。私が知る限り、心理学者にその傾向が強いようです。
 今日の血液型性格学の教祖は、能見正比古氏ですが、遡れば先ほど登場した古川竹二氏に行き着きます。
 (中略)
 古川氏はお茶の水大学女子大学の前身である東京女子高等師範学校の教授でした。彼は教育学が専門でしたが、自分の生徒などを対象として血液型と性格の研究を行い、「心理学研究」という雑誌に論文を投稿しました。この雑誌は日本心理学会が発行しており、心理学における国内でもっとも権威のある学術雑誌として、今も続いています。その雑誌に掲載された論文が、後の性格性格診断の雛型となったわけですから、日本心理学会がおさまらないのも分からないではありません。
 (中略)
 もしも彼の論文が別の雑誌に掲載されていたなら、現代の心理学者たちは、もっと大らかな目で血液型性格診断を見ていたかもしれません。まあ、そんなにムキにならずに、ほどほどにあしらっておけばいいじゃないですか、と私などはつい無責任に思ってしまうわけですが、当事者なりの事情や考えがあるのでしょう。
と27-28ページにあります(笑)。
私も全く同感です。

もっとも、事実はこれより少し複雑なのですが、さすがに公開の場で生々しい事実を書くのは控えることにします。[たらーっ(汗)]

さて、この心理学者の圧力は、国内だけではなく海外にも飛び火しています。
「血液型ダイエット」で有名なダタモさんの著書でも、初版では「血液型と性格」に好意的だったのですが、やはり日本の心理学者から相当批判されたらしく、改訂版では懐疑的な記述に変更されています。
ただし、日本語版は初版から訳したらしく、血液型と性格に好意的な記述が残されていて、思わず噴きだしてしまうような、奇妙でおかしな訳となっているのはご愛敬です。

まあ、血液型は心理学者の“商売敵”だから、強烈に批判しても何の不思議もありません。

やれやれ。[バッド(下向き矢印)]

参考 心理学者の側は「血液型と性格との関連を否定したい」
コメント(0) 

英語の恋愛本に血液型が [既刊情報]

次は英語の恋愛本です。

The Compatibility Matrix: The Qualities of YOUR Ideal Mate (English Edition)

The Compatibility Matrix: The Qualities of YOUR Ideal Mate (English Edition)

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2011/10/21
  • メディア: Kindle版

著者(B型女性)からコメントとメールをいただきました。
この本は、理想の相手を探そうという恋愛本ですが、第8章をまるごと血液型に割いています。日本と違うのは、相性の要素(Compatibility Matrix)に宗教や政治があることです。
さすがアメリカ、へ~という感じです。

面倒なことをしないで、各要素のスコアを計算して相性を判定するというのは、アメリカ的なのかB型的なのか、判断に迷うところです(笑)。
ちなみに、血液型ですが、能見氏の「おもり関係」とぴったり合っています。

ひょっとして、この本は日本語に翻訳したら売れるかもしれません(笑)。

以下は私のブログへのコメントです。

O-O, A-O and A-AB pairs are prone to divorce? 3/9/2017 へのコメント
Heather Collins Floyd 9/21/2017
I studied couples' blood-type combinations for my book "The Compatibility Matrix: The Qualities of Your Ideal Mate" (2011), and I found that same-type marriages tend to work very well; outside of that, A-AB and O-B marriages also worked very well. (I saw this mentioned in "The Answer Is in Your Bloodtype" and then studied it myself. The co-author of that book graciously wrote the Foreword to my book.) I found that A-O was the most likely to get married and then divorced, because those blood groups together represent about 80% to 85% of the world's population, and their personalities match superficially -- insofar as wanting to please people and make friends. But they diverge severely as the type A prefers one-on-one interactions, whereas type O needs regular (relatively frequent) group interactions.

私は自著『相性のマトリックス:あなたの理想の相手の資質』(2011年)でカップルの血液型の組み合わせを研究しました。同じタイプの結婚がうまく機能する傾向があることがわかりました。 それ以外では、A-ABとO-Bの結婚も非常にうまくいきます。 私はA-Oが最も結婚と離婚の可能性が高いことを知りました。(私は、この情報を『答はあなたの血液型』という本に書かれていることから知り、共著者の一人はご親切にも私の本の序文を書いてくださいました。)なぜなら、これらの血液型は、世界中の人口の約80%から85%を占めており、彼らの性格は、人を喜ばせ、友人にしたいという限りにおいて、表面的に一致しているからです。 しかし、A型は1対1の関係を好みますが、O型は規則的な(比較的頻繁な)グループ関係を必要とするので、厳しく対立します。

コメント(0) 

アメリカに「血液型と性格」が浸透したきっかけは「血液型ダイエット」 [既刊情報]

最近、英語のメールやコメントが来たので、参考までに紹介します。

最初は、私のブログへの匿名のコメントで、アメリカに「血液型と性格」が浸透したきっかけは、「血液型ダイエット」だというものです。まぁ、これは特に不思議でも何でもありません。



American skepticist magazine "Skeptic" 3/9/2017 へのコメント
Anonymous 9/21/2017
The reason blood-type psychology is becoming more popular in the U.S. is because we Americans love diets, and the Blood Type Diet has brought this relatively new knowledge to the forefront! I've followed that diet for almost 20 years, as a type B.

米国で血液型心理学が普及しつつある理由は、アメリカ人がダイエットを愛し、血液型ダイエットがこの比較的新しい知識を最前線にもたらしたからです。 私はB型として、ほぼ20年間その食事療法に従ってきました。

コメント(0) 

王建強さん 血型人格(中国) [既刊情報]

アメリカのAmazonで血液型本を検索していたら、2014年発行の中国語の本を見つけました。
出版社は北京理工大学とあるので、かなり真面目な内容のようです。

51UgHyz5zIL._SX354_BO1,204,203,200_.jpg

しかし、残念なことに、日本には「発送不可」とのことで買えませんでした。
日本のAmazonでも売ってません。
いろいろと探してみると、中国のAmazonで売っているのを発見したので、早速注文してみました。
#本体が21元と格安なのに、送料は110元と馬鹿高い…。[バッド(下向き矢印)]

ちなみに、やり方はこちらです。
ポイントは、意味が分からない文章にはchromeの翻訳機能を使うことと、文字化けの可能性を考えて、住所や氏名はローマ字で入力することです。

中国のAmazonでは、圧倒的に韓国の「血液型くん」の人気が高く、次は「自分の説明書」のようですね。
大手ネット通販サイト dangdang.com(当当)で見ると、「血液型くん」には400件ぐらいコメントが付いてます。
日本のAmazonでは90件程度ですから、人気のすごさがわかります。[るんるん]

コメント(0) 

宮川剛さん「こころ」は遺伝子でどこまで決まるのか―パーソナルゲノム時代の脳科学 [既刊情報]


「こころ」は遺伝子でどこまで決まるのか―パーソナルゲノム時代の脳科学 (NHK出版新書)

「こころ」は遺伝子でどこまで決まるのか―パーソナルゲノム時代の脳科学 (NHK出版新書)

  • 作者: 宮川 剛
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2011/02/08
  • メディア: 新書


NHKブックスのサイトには、帯に「血液型占いを信じる人にこそ読んでほしい」とあります。
https://www.nhk-book.co.jp/detail/000000883422011.html
新装刊が出るまでは、血液型の話には全く気が付きませんでした。
著者のスタンスは比較的冷静で、内容は(珍しく、比較的…苦笑)中立的です。
が、未だに「まとも」な論文がないということは、要するにABO血液型と性格の関係の研究が、アカデミックの世界では「タブー」ということを、見事に示しています。
そういう意味では、某大学の掲示板の議論ともピッタリ一致しますね。
詳しい紹介は後日に…。

ポケモン(SPECIAL)キャラの血液型 [既刊情報]


ポケットモンスタースペシャル(1) (てんとう虫コミックススペシャル)

ポケットモンスタースペシャル(1) (てんとう虫コミックススペシャル)

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1997/08/08
  • メディア: Kindle版


ボケモン GO が日本でも配信開始になりました。
#夏休みに合わせたのかな…。
が、どうやらキャラの血液型は公開されていないようです。
ただし、マンガ「ポケットモンスターSPECIAL」のキャラの血液型は公開されているようですね。

レッド O
シルバー AB
ゴールド B
エメラルド AB
サカキ O

データの出典:コロコロコミック公式サイトほか

なお、サカキの息子のシルバーがAB型なのは、本当はサカキがcis-ABだからという話もあるようです。
O型の親から(突然変異以外には)AB型は生まれませんから…。

竹内薫さん 白い仮説・黒い仮説 [既刊情報]


白い仮説・黒い仮説

白い仮説・黒い仮説

  • 作者: 竹内 薫
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2008/02/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


 ご存じ、サイエンスライターの竹内薫さん(B型)の本です。
 血液型性格分類を「完全に否定はできない」(p67)として、完全には断定しないところが、いかにもB型的ですね。(笑)

 以前に読んだので、もう一度読み直してみました。
 が、しかし、彼はたぶん現実のデータを見てないし、英語の論文も読んでないのかもしれません。
#というか、読んでいれば、あんな内容になるはずがないので…。

 例えば、
能見[正比古]さんという人は、この説を最初に提唱した古川[竹二]さんの弟子(p61)
とあります。
 そもそも、能見さんは古川竹二の弟子ではないし、主張している性格特性もかなり違います。おそらく、二次資料だけで判断しているのではないでしょうか?
#これを裏付けるように、「日本物理学会ではシンポジウムを開いて…」(p65)とあります。

 私は、竹内薫さんの大ファンなだけに、非常に残念というしかありません。[もうやだ~(悲しい顔)]

 ひょっとして、疑似科学については、原典を読んではいけない(調べると“穢れ”が移るので?)、みたいなタブーか何かがあるのかもしれません。
 ただ、これでは、普通の人は疑似科学批判(注:疑似科学ではありません!)は、なんとなくアヤシイ、キワモノだというようなイメージがあって、それをますます助長するような内容になってしまい、私的には非常に残念というしかありません。

 まさに、勝間和代さんの『専門家はウソをつく』を裏付ける内容となっています。こうなると、この本の他の部分も大丈夫なのか、かなり心配になってきます。本当に残念です。[もうやだ~(悲しい顔)]

放送大学 心理学史('10) [既刊情報]


心理学史 (放送大学教材)

心理学史 (放送大学教材)

  • 作者: 西川 泰夫
  • 出版社/メーカー: 放送大学教育振興会
  • 発売日: 2010/03
  • メディア: 単行本


血液型のところは、'05年の3.5ページと比べて1ページ減になりました。
また、次の記述がなくなりました。
ちなみに、21世紀の日本で流行している血液型性格判断の考え方も、基本的には古川の考え方をベースにするものであって、正しさというよりは、占い機能・娯楽機能が重視されているようであり、真偽に対する研究はなされていないことに注意したい。科学としての「血液型と性格(に関係がないこと)」は、昭和初期に決着がついているのである。
しかし、同じ放送大学の「人格心理学('09)」には、これとは真逆の逆の記述があります。
日本では血液型による性格判断が大きく流行しているが、これは韓国や台湾などでも見られる現象である。…
心理学的には、血液型性格判断に関しては、それを積極的に主張できるような根拠は見つかっていない。むしろ、その妥当性を積極的に主張する論拠に対しては、心理学的には論駁されている。
はて?


放送大学 人格心理学('09) [既刊情報]


人格心理学 (放送大学教材)

人格心理学 (放送大学教材)

  • 作者: 大山泰宏
  • 出版社/メーカー: 放送大学教育振興会
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 単行本


放送大学の人格心理学のテキストとしては、'00年、'04年、'09年と3代目になります。
'00年と'04年はテレビ[TV]でしたが、なぜか'09年にはラジオ[音楽]に格下げ(?)になってしまいました。
で、今回のテキストもなかなか…。[わーい(嬉しい顔)]

まず、前回になかった記述としては、血液型が韓国や台湾でも流行しているとあります。[るんるん]
日本では血液型による性格判断が大きく流行しているが、これは韓国や台湾などでも見られる現象である。(p22)
また、気のせいか、'00年、'04年、'09年となるに従って、どんどん反論の内容が薄くなってきているような気がします。

【'00年】約3ページ
・具体的な反論の紹介(複数)
・既存の性格検査を用いて,血液型と性格の関連を調べてみた結果,血液型性格論者が述べているような関連は認められなかった。
・血液型性格論は,当たっているように見えたとしても,評価することのできない人格理論なのである。
【'04年】約0.5ページ
・具体的な反論の紹介(大村さんのみ)
・血液型性格判断は妥当性があるとは言えない。
('09年にある「その妥当性を積極的に主張する論拠」についての記述はなし)
【'09年】約1.5ページ
・具体的でない反論の紹介(大村さんのみ)
・心理学的には、血液型性格判断に関しては、それを積極的に主張できるような根拠は見つかっていない。
・むしろ、その妥当性を積極的に主張する論拠に対しては、心理学的には論駁されている。

ここで面白いのは「その妥当性を積極的に主張する論拠」という記述です。文脈から判断して、最近の話でしょうから、そうすると前川輝光さんの反論や、ネット上の論戦のことなのでしょうか?
はて?

板橋作美さん 占いにはまる女性と若者 [既刊情報]


占いにはまる女性と若者 (青弓社ライブラリー)

占いにはまる女性と若者 (青弓社ライブラリー)

  • 作者: 板橋 作美
  • 出版社/メーカー: 青弓社
  • 発売日: 2013/03/10
  • メディア: 単行本


最近では珍しく[わーい(嬉しい顔)]血液型の話が否定的に書いてあるそうです。
前の10件 | - 既刊情報 ブログトップ