So-net無料ブログ作成
検索選択

シリーズ「血液型による性格診断を信じるバカ」第4回(その3) [サイト紹介]

前回の続きです。

ここでは、難波さん自身が矛盾する主張をしていることを示しておきます。
次は、以前のエントリーの再掲です。

1. 論文の客観的な評価には2つの指標がある。第一は代表的な権威ある雑誌に紙媒体として載ったかどうかだ。雑誌そのものの評価には「インパクト・ファクター(IF)」といい、その雑誌が他の専門誌に何回引用されているかという指標がある。…
2. もう一つは「サイテーション・インデックス(CI)」といい、論文そのものが他の研究者によって何回引用されたかを示す。重要な論文ほど引用される回数が多くなる。


1. は【注1】の論文の掲載誌であるPLOS oneの3.53に対して、2014年の「ネイチャー」のIFは41.45、「ランセット」は45.22、NEJMは55.87、と述べられています。
しかし、この数字は参考になるとしても、彼女の論文を直接否定する根拠にはなるとは思えません。なにしろ、小保方さんのSTAP細胞の論文は「ネイチャー」に掲載されましたからね。

そして、難波さんは「ネイチャー」に掲載された小保方論文に疑問を呈しています。

■2014年最大の茶番劇、STAP細胞騒動をまとめる その1
 [http://healthpress.jp/2014/12/2014stap.html] 2014.12.29
■2014年最大の茶番劇、STAP細胞騒動をまとめる その2
 [http://healthpress.jp/2014/12/2014stap-1.html] 2014.12.30

こうなると、難波さん自身がIFを否定しているとしか思えないのですが。[たらーっ(汗)]

続きを読む


シリーズ「血液型による性格診断を信じるバカ」第4回(その2) [サイト紹介]

前回の続きです。

第4回 馬鹿な信仰〝 血液型性格論〟はこうして形成されてきた~戦後ブームを検証! 2016.02.06
[http://healthpress.jp/2016/02/post-2239.html]

では、私が「血液型エッセンス」(廣済堂文庫)を持っていないと書きました。
Amazonから現物を取り寄せましたので、その結果を報告します。

念のため、もう一度前回紹介した文章を引用しておきます。

遺著「血液型エッセンス」(廣済堂文庫)が息子の俊賢により1991年出版された。巻末に「血液型十戒」が掲げてある。その第一条がなんと、「血液型で人の性格を決めつけてはいけない」である。20年以上も「血液型で人を決めつけた」本を売り、多額の印税を稼いだあげくにこの「十戒」だ…。能見本を買って信じた読者はコケにされたわけだ。

結論として、この内容は明らかに間違っています。
「血液型エッセンス」(廣済堂文庫)の236ページには、

亡父、正比古が本書のオリジナル版をシリーズ5冊目として送り出したのが昭和五十二年[1977年]。

とあります。ですので、

遺著「血液型エッセンス」(廣済堂文庫)が息子の俊賢により1991年に出版された。

は間違いであるだけではなく、難波紘二さんはこの本をきちんと読んでいないことは明らかです。
#読んでいるなら、こんな単純ミスをするはずがない…。

続きを読む


シリーズ「血液型による性格診断を信じるバカ」第4回 [サイト紹介]

前回の続きです。

第4回 馬鹿な信仰〝 血液型性格論〟はこうして形成されてきた~戦後ブームを検証! 2016.02.06
[http://healthpress.jp/2016/02/post-2239.html]

からの引用です。

遺著「血液型エッセンス」(廣済堂文庫)が息子の俊賢により1991年に出版された。巻末に「血液型十戒」が掲げてある。その第一条がなんと、「血液型で人の性格を決めつけてはいけない」である。20年以上も「血液型で人を決めつけた」本を売り、多額の印税を稼いだあげくにこの「十戒」だ…。能見本を買って信じた読者はコケにされたわけだ。

Amazonで検索してみると、能見正比古さんが著した「血液型エッセンス」には、4つの異なるバージョンがあることがわかります。

1. 血液型エッセンス―性格と人間関係実用百科 (1977年) (Sankei drama books)1977/6
2. 血液型エッセンス―付 各界スター知名人血液型全名簿 (角川文庫 (5733))1984/6
3. 血液型エッセンス―各界有名8,000人の血液型で裸にする (プレイブックス)1985/12
4. 血液型エッセンス (広済堂文庫―ヒューマン・セレクト)1991/10/1

1から3は、ほとんど内容は同じです。
同じタイトルなのだから当然でしょう(4だけは手持ちにないので確認できません)。

さて、能見正比古さんが死去したのは1981年ですから、最初のバージョンである1は、彼の存命中の1977年に書かれたものです。
この1977年版の「血液型エッセンス」には、もちろん「血液型十戒」が収録されています(P193)。
従って、この本が遺著というのは間違いです。

続きを読む


シリーズ「血液型による性格診断を信じるバカ」第3回 [サイト紹介]

前回の続きです。

第3回 馬鹿な信仰 〝血液型性格論〟はこうして形成されてきた~前編 2016.01.21
[http://healthpress.jp/2016/01/post-2226.html]

には

この古川説に対して医学者として真っ向から批判したのが京大医学部解剖学の助教授金関丈夫(後九大教授)である。彼は「血液型が遺伝することははっきりしている。もし血液型により気質が決定されるのであれば、気質もまた遺伝しなければならない。しかし親子の間でさえ、メンデルの法則にそうような気質の遺伝関係ははっきりしない」と主張した。

とあります。
現在では、双生児の研究により、「気質もまた遺伝」であることは確定しています。
正確に言うと、気質や性格の半分程度は遺伝が影響していますから、上の文章の内容は間違っています。
言い換えれば、古川説は正しいのです。

また、

ちなみに古川のデータは、気質の決定法も統計処理法もデタラメである。

とありますが、この内容も間違っています。
当時は、現在よく使われている「統計的検定」というような便利な数学的手法は存在しませんでした。
例えば、χ2-検定が発表されたのは1934年で、古川説が発表されたのは1932年です。
それでも「デタラメ」だというなら、否定側も肯定側もそうだということなります。
ちなみに、当時のデータに統計的検定をしてみると、結構な有意差が出ます。

といった調子で、なぜここまで間違った内容を書くのか、実に不思議というしかありません。
編集者のチェックは入らないのでしょうか?
個人のブログではないのですから…。

シリーズ「血液型による性格診断を信じるバカ」第2回 [サイト紹介]

前回の続きです。

第2回 ネットで話題の論文は"河童のヘソ"である 2016.01.08
[http://healthpress.jp/2016/01/post-2198.html]

にはこうあります。

昨年、“血液型と性格にはやはり相関性がある”とネットで大きな話題となった、弘前大精神科・土嶺章子(特別研究員)らによる「PLOS one」掲載論文「健常日本人におけるABO血液型と人格特性【注1】」の内容を検討したい。
【注1】Tsuchimine S. et al.(2015):ABO blood type and personality traits in healthy Japanese subjects. PLOS one. 5/15/2015


しかし、この記事には土嶺章子さんの論文を「直接的」に否定する内容は発見できませんでした。
#直接的というのは、データを取ったということです。
なぜ、これで彼女の論文が否定されることになるのか、私は理解できません。

続きを読む


シリーズ「血液型による性格診断を信じるバカ」 [サイト紹介]

医師(大学の名誉教授)が書いた、こんな記事を発見しました。

シリーズ「血液型による性格診断を信じるバカ」
・第1回 日本の常識は世界の非常識!? 血液型と性格の関係を未だに信じるバカがいる!
 [http://healthpress.jp/2015/12/post-2161.html] 2015.12.18
・第2回 ネットで話題の論文は"河童のヘソ"である
 [http://healthpress.jp/2016/01/post-2198.html] 2016.01.08
・第3回 馬鹿な信仰 〝血液型性格論〟はこうして形成されてきた~前編
 [http://healthpress.jp/2016/01/post-2226.html] 2016.01.21
・第4回 馬鹿な信仰〝 血液型性格論〟はこうして形成されてきた~戦後ブームを検証!
 [http://healthpress.jp/2016/02/post-2239.html] 2016.02.06

5回シリーズだそうですが、現時点では第5回は未公開のようです。
しかし、内容がここまでト○デモだと、ちょっと笑えなくなってきます。
大丈夫なんでしょうか?

続きを読む


NATROMさんに批判的なブログ [サイト紹介]

血液型とは直接の関係はありませんが、ネット上にNATROMさんに対する批判がいくつかあり、それらの批判に対しては、NATROMさんはほとんど無視していることがわかりました。


「ニセ医学」に騙されないために   危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!

「ニセ医学」に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!



これも血液型と似通ったパターンですね。
#重要度では天と地との差がありますが…。

NATROMの日記
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/

対する批判のブログ

ほたかのブログ ~そろそろB層から脱出しませんか?
http://ameblo.jp/karasawa-hotaka/

次のエントリーがおすすめです。
NATROM氏のウソ~情報操作(乳がん検診の過剰診断を過小に見せるトリック
http://ameblo.jp/karasawa-hotaka/entry-12112220481.html

NANAのブログ
http://ameblo.jp/nana7770214/

私はNATROMさんの「疑似科学批判」への善意を否定するものではありませんが、自分の間違いは素直に認めた方がいいと思います。

木内里美さん プロジェクトに活用した血液型研究の話 [サイト紹介]

長年の経験で得られた結果は次のとおりだそうです。
筆者が長年検証を重ねた結果の仮説はこうである。AB型は物事の見方が客観的で分析がうまい。本質を見抜いているようなところがある。B型は発想力が豊かで思いもつかないことを言い出したり行ったりする。でもアイデアをアクションプランまでまとめ上げるのは必ずしも上手ではなく、体系化や整理やプラン作りのうまいA型に託す。O型はコミュンケーションや根回しがうまいので、横断的な推進役に向いている。
[http://it.impressbm.co.jp/articles/-/10835]
なるほど、実務家の見方は鋭いですね。

なお、「科学的な検証は示されておらず」とありますが、統計的には差が出ているのは明らかなので、そういう意味では「科学的な検証」はされています。
それから、AB型が睡眠不足に弱いのは、交通事故の統計で深夜はAB型の率が高いとう統計がありますね。
もっとも、O型が蚊に刺されやすいのは、特定の蚊しか実験していないので、すべての蚊に当てはまるかどうかは…。

“血液型差別”の構造 [サイト紹介]

その一部がわかりました。血液型と性格に関係があるという人は、どの調査でもほぽ7割ですが、残りの3割のうち、ほぼ半分の15%の人は性格を「決めつけられるのがイヤ」ということのようです。
血液型を聞かれることが嫌な人は15.7%
圧っっ倒的に目立つB型の人たちの声!
血液型を聞かれることが不快と答えたのは男性18.4%、女性13.1%
しらべぇ編集部による調査によると、「血液型を尋ねられることが不快ですか?」という質問に対し、男性の18.4%、女性の13.1%が「不快である」と答えています(全体では15.7%)。
[http://sirabee.com/2014/09/07/2508/]
この割合は、血液型だけではなく、県民性でもほぼ同じようです。
高知県民は情にアツい」「は?」TVの県民性番組に15.0%が「暴論や!」
2015.11.26 18:00
◆15.0%が県民性コンテンツにNO!
しかしながら、こうした県民性をテーマにした番組に対して違和感を持つ人も存在します。本サイトが男女1656名を対象に実施したアンケート調査によると、15.0%の人が「◯◯県民はこんな人!」といった出身都道府県で性格や嗜好を説明するテレビ番組やコラムは暴論を吐いていると思うと回答しています。
[http://www.news-postseven.com/archives/20151126_366848.html]
実は、男女差も2割程度が認めていないのですが、要するに「決めつけられるのがイヤ」ということなのですね。
B型に多いのもわかるような気がします…。

男子プロゴルファーはO型とB型が多いようです [サイト紹介]

下のサイトにプロゴルファー[ゴルフ]の血液型が出ています。
横浜前進四打会
[http://golf.gundan.net/blood.html]
男子プロはO型とB型が多いようですが、女子プロは血液型の差が少ないようです。
ただ、最近目立つ女子プロはAB型ですかね。

別なサイトには、過去十年間のデータとプロゴルファーの血液型がカバーされています。
[http://www.alba.co.jp/tour/ranking/]

そのうち分析しようと思います。