So-net無料ブログ作成

離婚しやすい血液型? [論文]

イランの研究報告では、400組のカップルを調査したところ、O-O、A-O、A-ABの組み合わせは結婚生活の満足度が低く、離婚しやすいと考えられるという結果となりました。
ただ、この論文の英語は私には非常に読みにくいのです。なんでかな?
なので、まだ全文は読んでません。[たらーっ(汗)]

ring_couple_wedding.png

Fakhraddin Sohrabi, Mahmood Goudarzi, Ali Jalili
THE STUDY OF RELATIONSHIP BETWEEN BLOOD GROUPS AND MARITAL SATISFACTION IN DIVORCE-SEEKING AND ORDINARY COUPLES
SAUSSUREA (ISSN: 0373-2525) Vol. 3(1), PP: 319-331, 2015
http://saussurea.org/wp-content/uploads/2015/06/Sauss-March-31-2015.pdf

Abstract
The findings of this study showed that the combination of Equalized blood group O-O and unequalized combination blood group A-O and A-AB predicted the highest rate of divorce.

【2017.9.16追記】
O-O、A-O、A-ABは、夫・妻とは関係ない「ペア」の血液型ですが、なぜそうしたのかは不明です。
おそらくは、AB型が少ないので、400組のカップルでは夫と妻とで別々に分析することができなかったのではないかと思われます。この論文ではAB-ABは11組ですから、確かに夫と妻を別々に分析するのは難しいでしょう。
面白いのは、日本のデータ(1986年のNHK世論調査)らしきものが紹介されていることです。
#こんな昔のデータをどこから入手したんでしょうね…。
具体的には次の記述です。
現在、ほとんどの日本人は、血液型と性格の関係があると考えています。 例えば、日本の人のランダムサンプリングに基づく研究では、その数は1102人でした。 回答者の75%で[関係があると回答したため]私たちの主張が確認できました。
Now most Japanese people believe that there is a relationship between blood groups and personalities. For example in a study based on a random sample of people in Japan, the number was 1102 people. 75% of respondents confirmed our opinion.

コメント(0) 

O型は躁うつ病が多い? [論文]

O型に躁鬱病が多いことは確定的らしいです。
こちらは、以前に紹介した韓国の論文にあります。

Sungil Ryu, Young-Woo Sohn (2007)
A Review of Sociocultural, Behavioral, Biochemical Analyses on ABO Blood-Groups Typology
Korean Journal of Social and Personality Psychology, 21(3),27-55.

表9.血液型と神経精神科疾患の関係の研究[抜粋]
Parker(1961)O型の躁鬱病が多い。
Mendlewicz(1974)O型の躁鬱病が多い。
ソクジェホ(1977)O型の躁鬱病が多い。
Tanna(1968)先天性情動障害の場合には、B型が高く、O型が低い。
Shapiro(1977)O型の躁鬱病が多い。 A型の単極性情動障害多い。
Irvine(1965)統計的有意性はないが、O型に躁鬱病が多い。

thumbnail_face_smile_man.jpg

ついで、B型は強迫神経症が多いらしいです…。
コメント(2)