So-net無料ブログ作成

武田知弘さん 本当はスゴイ! 血液型の販売状況(5月29日) [新刊情報]

ペースが加速してきました。[グッド(上向き矢印)]
ミニブームはほぼ確実な情勢です。
うれしいですね。

本当はスゴイ! 血液型

本当はスゴイ! 血液型

  • 作者: 武田 知弘
  • 出版社/メーカー: ビジネス社
  • 発売日: 2018/05/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

〇Amazon 売れ筋ランキング: 5/29 22:10
 本 - 1,165位(1000位だと30分に1冊→1日40~50冊)
 10位 ─ 本 > 趣味・実用 > 占い
 51位 ─ 本 > 人文・思想 > 心理学 > 心理学入門
 56位 ─ 本 > 人文・思想 > 心理学 > 読みもの

〇紀伊国屋書店売れている順 5/28 22:00
 和書 > 教養 > 雑学・知識 > 雑学 5位

〇hontoランキング(24時間) 5/29 22:05
 本>趣味・ホビー>雑学 2位

〇楽天ブックスランキング情報
 週間ランキング(2018年05月21日 - 2018年05月27日)
 本:第4235位(↑)
  > 人文・思想・社会:第1252位(↑)
  > 心理学:第134位(↑)
  > 心理学:第52位(↑)
 日別ランキング(2018年05月28日)
 本:第1520位(↓)
  > 人文・思想・社会:第420位(↑)
  > 心理学:第50位(↓)
  > 心理学:第21位(↓)

〇omni7 5/29 22:10
 本・コミック:-位 > 文学・小説:-位 > 雑学・知識:21位

・紀伊国屋 ウェブストア在庫 22:05現在92冊(14冊売れた)
・Amazon ランキング 22:00現在1,165位(40冊程度売れた)
・旭屋書店 22:00 在庫あり 10店(計28冊)(△1店…1冊売れた)
コメント(7) 

コメント 7

タカシ

結構軽々しくミニブームはほぼ確実と喜ばれていますが、B型の自分としてはまた血液型差別の被害を受けるんではないかと心配です。
2004年の悪夢が再び再来するのでは?と思うのですが。
B型とAB型は悪く言われがちなので、ブームは来てほしくありません。
by タカシ (2018-05-29 23:44) 

欺善者


私も同感でブームなどは一過性のものでしかないと思います。例えば、「バナナや納豆がダイエットに効く」などとTV等で報道されて、スーパーでは品切れが続出したことがありましたが、暫くすると跡形もなく終息しました。「韓流」などもそうでしたが、如何に洗脳に引っ掛かり振り回され易いか、特に日本人は。ブームが繰り返されて、終息後に血液型が学問として少しは定着したのか、それを邪魔しているのが心理学界や精神医学界なのかどうか。

もしかしたら、人間関係や世の中を良くするため、或いは、先ずは血液型を気軽に認知して貰うため、それに付随する「血液型差別」の誤解を解くための普及活動なのかも知れませんが、それもそのような信念に基づくイデオロギー、つまり「血液型イデオロギー」と言っていいと思います。
イデオロギーであろうと「科学だから正しいからいいんだ」ということかも知れませんが、それが悪いと言っているのではなく、男女間・夫婦間、友人間など、こと個人間に関しては有効な場面があるのは否定はしません。
しかし、「世の中を良くするため」というのは幻想で、その前にやることがあるだろうと異議を唱えているのです。社会や政治などを血液型で安易に論じたものが無数に出回っていますが、それを見た人が疑問を持ち「デタラメだ」と感じても無理らしからぬ部分があると思います。

「血液型差別」に関しては、「血液型=差別」と端から決め付けような、心理学者などの「差別・人権問題」に話をすり替える平等教信者は置いといて、「血液型差別の誤解を解く立場の人たち」の発言に疑問があるのも事実です。「角界暴行事件」に関するもの、「予防のA、解決のB」として某支那人議員と首相を評したもの、或いは、読者からのメールで「A型は多角的思考は得意ではない」という返答などを見て驚きました。「血液型人間学という固定観念」に囚われて血液型至上主義に陥っているのではないか、と危惧したのです。この辺は能見氏にも責任があり、思い込み・偏見・固定観念はいけないと説く者がそれに囚われていることには気付きません。これは避けようのない人間の習性なので私も気を付けなければ。

「誰々は何型」だと当てて、異常に盛り上がっているエントリーがあると指摘したことがありましたが、その中にHPを公開しているAB型からの投稿があり、血液型に関する考察を見てみました。その内容は中学生が書いたような、狭視野かつ単純で恐ろしく低レベルなもので、これが多角的思考・分析魔のAB型ねえ、と呆れ果てました。具体的に明らかしたいですが一応伏せておきます。この論法でいくと、「どんなに低知能なAB型でも多角的思考が得意で、どんなに高知能なA型でも多角的思考は不得意で型に嵌まっている」ともなりかねず、まさに「血液型で決め付ける」、「血液型差別だ」と糾弾されても止むを得ません。読者の誤解を嘆く前に、質の低い発言や書籍にも責任があると思う訳です。

いつも批判ばかりしてすいませんが、口が悪いのは張り倒される位の衝撃がないと目が覚めないからで、私は決して否定論者ではありません。もはや今までのような思考停止は通用せず、血液型人間学も大きく変わらなければいけない時にあると思います。いや、血液型どころではなく、我々の存亡が掛かっている時にブームなどとは、何とお花畑なのかということです。血液型だけで人間性を追究するのも結構ですが、イデオロギーは人間の行動の判断規準なのでしょうか。

by 欺善者 (2018-05-31 04:21) 

ABOFAN

私が言いたいのは、ブームになれば科学的研究が進むので歓迎する、ということです。
by ABOFAN (2018-05-31 23:26) 

a

もう少し、人のアドバイスに耳を傾けてはどうですか?
正しい知識を広め、人々の誤解を解きたいんでしょう?
なのに、貴方の文章には、かえって誤解されても仕方がないような表現や内容がある、という指摘をされています。改善の余地があるのではないですか?
by a (2018-06-01 12:56) 

ABOFAN

すみません、具体的にはどういう部分でしょうか?
by ABOFAN (2018-06-01 21:22) 

そういえば

ここでよく見かける金澤正由樹さんの本は売れているのでしょうか。
by そういえば (2018-06-02 00:13) 

ABOFAN

血液型本の売り上げは全体的に低迷気味で、例外的に武田さんの本がバカ売れしている、という残念な状況なようです。
by ABOFAN (2018-06-03 01:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント