So-net無料ブログ作成

4/22 18:00 NHK BS1 COOL JAPAN 外国人が感じた“ニッポン人あるある”!《感想》 [テレビ番組]

意外と長くやっていたのというのと、割と好意的な見方だなといったところが私の感想です。
差別と言っていたわけでもないし、非科学的だと断定していたわけでもありません。
日本人と外国人の反応はいつものとおりなので省略します。
また、性格はこんな風に紹介していました。

 A型 まじめ(Serious)、神経質(High-Strung)
 B型 マイペース(Laid-Back)、自己中心的(Self-centered)
 O型 おおらか(Benevolent)、いいかげん(Carefree)
 AB型 知的(Intellectual)、気分屋(Moody)

cool_japan2.jpg

ちなみに、
日本人女性は高い声で話しがち 21:30ぐらいから32:10ぐらい
日本人は血液型を気にしがち 32:10ぐらいから42:40ぐらい
と、どちらも10分ほどやってました。

「日本人は血液型を気にしがち」と中国人女性のヘン・シン(Heng Xin)さんが言ってたのは意外ですね。
#この人は英語が流暢なので、ひょっとして香港出身かな?
中国では、日本・韓国・台湾ほどでなくとも、血液型はそこそこ流行っているはずなんですが。

cool_japan1.jpg

ただ、この番組は話を盛り上げるために、血液型が好きな韓国・台湾人は一切出演していません(苦笑)。
観光客らしい外国人の40人にインタビューして、血液型を話題にするのは0人(ちなみに、日本人は40人中25人でした)というのは、明らかに偏ったサンプルです。

cool_japan3.jpg

というのは、日本に来る約2500万人の観光客のうち、韓国・台湾人で約1000万人を占めているからです。
もっとも、自分の血液型を知っていると回答した外国人は40人中15人ですから、こちらはまあそんなものでしょう。

cool_japan4.jpg

意外なことですが、外国人の多くが血液型を面白がっていたのが印象的でした。
科学的な根拠については、荒俣博さんがあいまいなコメントをしていましたが、これは彼の意見ではなく、台本通り話しているだけでしょう。

実は、彼がテレビで血液型にコメントしているのは何回か見ていますが、あるとき(確か2001年)は懐疑的で、あるときは肯定的(確か2004年)で、まさに台本通りしゃべっているのです。なんだかなぁ。

それにしても、NHKで割と好意的に血液型を取り上げているのには驚きました。
BSだからですかね?
コメント(1) 

コメント 1

欺善者

批判の為の批判は左翼の特徴ですから、常に日本批判のネタを探していると言っていいでしょう。で、それで視聴率も取れれば言う事はないと。

左翼は勝手に法律でNHKの受信料支払いを国民に義務化していますので、徴収率を上げる為にもネタとして血液型を捉えているだけだと思います。
なので、荒俣博のようにいつ手のひらを返すか分かりません。

支那人女の揶揄も、とにかく日本に難癖を付けたくてしょうがないだけなので、実際には支那で血液型が流行っていても、理屈が矛盾しようが破綻しようがお構い無しです。大事なのは左翼の戯言など真に受けない事です。

一番良いのは洗脳手段のテレビを断つ事で、わざわざNHKや朝日新聞にお金を払って自ら洗脳されている国民が哀れでなりません。
良い兆候としては、(赤旗別紙たる)朝日は部数が激減して潰れそうになっていることと、NHKが受信料の強制徴収に躍起になるほど、拒否されていることです。

by 欺善者 (2018-04-23 23:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント