So-net無料ブログ作成

【韓国】血液型を知ると職務が見える! A型「事務型」、O型「営業型」 [サイト紹介]

韓国の就職ポータルサイト「ジョブコリア」が2017年に882人を対象に行った調査によると、職務に血液型ごとの特徴が出ているそうです。具体的には、A型が一番多いのは経営/事務、O型は営業/営業管理、B型は生産/現場、AB型がマーケティング/広告宣伝という結果になりました。

jobkorea-j.png

就職ポータルジョブコリアが男女会社員882人を対象に「血液型と職務」に関するアンケート調査を実施した。
調査の結果、几帳面で、ルールをよく遵守するA型は、△経営/事務が24.6%で最も多く、次に△生産/現場(22.8%)、△営業/営業管理(14.2%)、△研究開発/設計(8.5%)などの順となった。
活発で自由奔放な気質が強いと知られているB型は、△生産/現場が20.1%で最も多く、△経営/事務(16.9%)、△営業/営業管理(15.4%)、△財務会計(11%)などの順に多かった。
社交性と勝負欲が強いO型は、△営業/営業管理(25.3%)に最も多く従事していることが分かった。 続いて△生産/現場(19.6%)、△経営/事務(18.7%)、△IT /システム運用(10.7%)などが続いた。
合理的で交渉能力に優れたAB型は△マーケティング/広告宣伝(18.4%)が最も多く、△営業/営業管理(15.8%)、△生産/現場(15.8%)、△経営/事務(13.2%)など順に従事している職務が多いことが分かった。
また、既知の血液型別の特徴は、ワークスタイルとの関係があると考えますかという質問に51.7%の会社員が関係している、7.7%は非常に関係があると答えて59.4%の会社員が血液型がワークスタイルに影響を及ぼしたと考えていることが分かった。

【出典】
血液型を知ると職務が見える! A型「事務型」、O型「営業型」
ジョブコリア 2017-06-19 10:22 ヒット13,911

この傾向は韓国だけではなく、日本とも共通しているようです。以前に大成建設の情報管理部長を務め、現在は株式会社オランの代表取締役でいらっしゃる木内里美さんは、こう書いています。
血液型傾向を検証してみた検証してみたのは、職場での配属についてである。血液型による何らかの傾向があるのではないかという仮説に基づくものだった。以前の職場で支店に勤務していた頃、フロアごとの座席表を入手し、1人ひとりの血液型を聞いて4色にマッピングをしていった。
(中略)
同じフロアでも管理系の”島”にはA型が多い。営業のフロアに行くと平均値よりO型が多く、A型と混じるがB型やAB型は比較的少ない。驚きだったのは設計部門だ。明らかにB型やAB型が多く、平均的な日本人の分布とは異なっていた。

そして、しばらく後にシステム再構築のリーダーとなったとき、各チームのメンバーを注意深く観察してみた結論はこうでした。

AB型は物事の見方が客観的で分析がうまい。本質を見抜いているようなところがある。B型は発想力が豊かで思いもつかないことを言い出したり行ったりする。でもアイデアをアクションプランまでまとめ上げるのは必ずしも上手ではなく、体系化や整理やプラン作りのうまいA型に託す。O型はコミュンケーションや根回しがうまいので、横断的な推進役に向いている。従ってプロセスはAB>B>A>Oと流れていくのがスムースなのではないか。

【出典】
木内里美の是正勧告
プロジェクトに活用した血液型研究の話
IT Leaders (インプレス) 2013年12月27日(金)

IT Leaders.PNG
コメント(1) 

コメント 1

ヨン様

世界一血液型が平等に分散されてる韓国はある意味
日本以上に血液型占いが浸透してますね
日本はA型が多いのでA型有利が確定的だけど
韓国の場合、差はそこまでないので
上手いこと競争原理が働いてると考えられますね
日本よりB型が多いのがポイントでしょうね
by ヨン様 (2018-01-18 15:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント