So-net無料ブログ作成

「血液型人間学批判」の朱子学的理解《続》


1990年代の日本 (PHP文庫)

1990年代の日本 (PHP文庫)

  • 作者: 山本 七平
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 1987/10
  • メディア: 文庫

以前のエントリー、「血液型人間学批判」の朱子学的理解森博嗣さん 科学的とはどういう意味か(幻冬舎新書)の続きです。

突然ですが、日本人で一番最初にラーメンを食べた人は、水戸黄門(徳川光圀)だと言われていることを知っていますか?
水戸市には、このエピソードにちなんで「水戸藩ラーメン」があるらしいです(笑)。

ではなぜ、中国発祥のラーメンが江戸時代の日本に初上陸した場所が、国際的な長崎や、江戸幕府がある江戸ではなくて、地方都市の水戸なのでしょう。

水戸徳川家にラーメンを伝えたのは、朱舜水という中国人(明人)だとされています。朱舜水は、朱子学の元祖である朱熹の親戚で、当然ながら朱子学の講義も行いました。徳川家康の命もあり、水戸家では朱子学が盛んだったのです。
というのは、江戸幕府を開いた徳川家康は、徳川家支配の正当性を担保するため、“官学”として「朱子学」を採用したからです。
#ちなみに、朱子学=新儒教ができたのは、中国の南宋時代です。

ここまで読んできて、ラーメンや朱子学が、なぜ血液型と関係あるんだと疑問に思う人も多いでしょう。
実は大ありなのです(笑)。
では、本題に行きます。

こう言うと驚く人がほとんどでしょうが、血液型を批判・否定する人は、心理学が「科学だから正しい」という朱子学的な“神話”を信じているのです!
そして、この伝統は明治以後も消えることはなく、現在までずっと続いています。
そんなのは、あまりにも突飛で訳の分からない説だと思うかもしれませんが、きちんとした根拠もあります。
私にだまされたと思って、最後まで読んでみてください。

koushi.png

さて、朱子学のテキストとして一番ポピュラーなのは『近思録』です。
現在ではすっかり忘れ去られていますが、江戸時代の知識人なら読んでいない人はいないと言っていいほど有名でした。
近思録にある朱子学の特筆すべき特徴は、「権威主義的」であることです。
なにしろ、朱子学は南宋が元に滅ぼされたときにできた学問なので、元に征服されたという現実を無視して、中国人が絶対的に正しいというイデオロギーに基づいています。
だから、「科学」(=朱子学)は必ず正しくなければならないのです。
科学が、正しいこと(間違っていないこと)が反証されていない仮説に過ぎないことは認められませんし、「血液型」と「心理学」を相対的にとらえて、比較・研究するなんてこともできません。

この点は、山本七平さんの『1990年代の日本』に詳しい論考があるので、かいつまんで紹介しましょう。

彼は、朱子学的思考の典型として、明治人の加藤弘之を挙げています。
加藤は、1877(明治10)年に東京大学(後に組織が改正され帝国大学となった)の初代綜理(総長)、いわば「東大をつくった」人で、まさに明治のインテリ中のインテリ、アカデミック界のエスタブリッシュメントです。

加藤弘之が強く主張した「科学」は『近思録』的であり、これは一見科学的な「神話」に過ぎない。
私はある官学的社会科学者が、「マルクス主義は正しい、なぜならそれは科学であるから」と言ったとき、反射的に加藤弘之を思い出し、「なるほど、この系統は生きているのだな」と思った。
加藤弘之の『吾国体と基督教』は、科学、科学を連呼しつつ、最終的結論は「天皇制が絶対であることの科学的証明」に終わっているのである。従って「科学」だといわれば沈黙し、同時にそれへの反発としての「反科学的自然順応主義」が出てくる。これもまた日本のおける最も強固な伝統だが、いれずも「科学」には関係あるまい。

次に、問題の加藤弘之『吾国体と基督教』から引用します。
これも、山本七平さんの『1990年代の日本』からの引用で、字句は読みやすいように現代仮名遣いに直してあります。

諸君!余はキリスト教を以てわが国体に大害あるものと考えているから、その理由を科学的に証明してみようと思うのであるが、しかし余は独りキリスト教に限らず、およそ宗教といえば、宗派の如何を問わず全く好まぬのである。
それはなぜかと言うに、いかなる宗教といえどもことごとく吾人に迷信を与えるもので、大いに知識進歩の妨害をなすからである。
(中略)
迷信と言うも全く知識の不足から余儀なく生ずる迷信ならば致し方がないが、およそ宗教の迷信と言うとその始め多少知識のある者らが故意に迷信を造り出して、それを拡めたのであるからその害は頗(すこぶ)る大なるものである。
仏教でもキリスト教でもその他いかなる宗教でも同様であるが、その迷信に陥る者が皆無知文盲の者のみならば、まだしもであるけれども中には多少知識ある者迄も共に釣り込まれるのみならず、また哲学者科学者さえ往々この迷信の災厄に罹るのであるから実に歎かわしい次第である。

この部分を、『近思録』の第十三巻「異端之学」と比べてみると、言っている内容がほとんど瓜二つなことに驚かされます。

参考サイト
近思録・・・朱子学をはじめて学ぶ人のための入門書
第十三巻 異端之学~聖人の教えに反した学問

山本七平さんはこうも言っています。

こういう発想をすれば宗教は排除すべき迷信だから、「科学技術と宗教はいかなる関係にあるか」、などという問題意識さえありえない。

論語を読んだ人はおわかりでしょうが、儒教には「怪力乱心を語らず」という有名な言葉があります。
心理学は「朱子学=科学」なのだから、これと対立するとされる血液型は「迷信」、すなわち「怪力乱心」です。だから、何がなんでも排除しなければならず、「血液型と心理学との関係」を比較・研究するなんてことは、絶対にやってはいけない“タブー”なのです。


もう一つの朱子学の厄介な点は、身分的な差別意識が極めて強いということです。
こちらは、井沢元彦さんの解説がわかりやすいので、その一部をネット上から抜粋しておきます。

出所:2016年3月31日 第164回「今月の映画」

(9)平成25年5月28日、夕刊フジ「激闘の日本史(114)」(井沢元彦著)
<朱子学が自由競争の実力主義を失わせた>
欧米の学者は朱子以降の儒教を新儒教として、孔子以来の儒教と区別している。
(中略)
それは激しい排他性と独善性である。朱子学の基本コンセプトは、「外国には文化など存在せず、中国人も試験に合格した官僚以外はクズ」ということだ。孔子はそんな事は言っていない。
日本はもともと儒教国ではなかった。だからこそ足軽の木下藤吉郎は関白豊臣秀吉になることができたのである。

(10)平成25年2月19日、夕刊フジ「激闘の日本史(49)」(井沢元彦著)
<人間を身分だけで判断する悪癖>
松平定信が林子平を処罰した理由。
それは子平の著書である「開国兵談」[注:幕末の「黒船」来航を予言した書で、松平定信が主導した朱子学を正統な学問とした寛政異学の禁で発禁となった]の内容が誤りだと思ったからではない。
地方の藩の医者の弟という分際で、こともあろうに天下のご政道を批判した事、それ自体が許せぬという理由なのである。
これも実は朱子学の影響だ。
(中略)
特に定信のようなガチガチの朱子学徒はまず「こいつの身分は?」という目で人間を見る。そして身分が低いと判断すれば、どんな優れた意見であっても決して受け付けない。
いや正確に言えば、「身分の低い人間が優れた意見など言うはずがないと決めつけてしまう」ということなのである。これが朱子学の生み出す最大の偏見の一つだ。

さて、「血液型と性格」に戻ると、否定・批判派は「論文」がないとダメだという反論をよくします。
たとえ同じよう見えるエビデンスでも、能見正比古さんのような“在野”の研究者はダメで、学者ならOKとのこと。
しかし、科学の基本は「誰がやっても同じ結果が出る」ということだったはずです。
まぁ、研究者によって調査の信頼度は違うでしょうが、だからといって「論文」以外は頭から無視・否定するということは、科学の本質からいってあり得ません[exclamation]

ここで、百歩譲って、学者の研究報告やきちんとした論文だけを認めることにしましょう。
残念なことに、実際に論文を読んでみると――特に日本語の論文では――あまりのレベルの低さに引いてしまうものが山…いや少なからずあります(苦笑)。
しかし、この点を指摘すると、なぜか毎回スルーされてしまいます。
また、血液型による差があるとされる外国語の論文、例えば英語や韓国語の論文を紹介しても、これまたなぜか無視されます。
そして、おかしなことに、多くの否定・批判者はそういう外国語の論文を読んでいないか、酷い例になると、英語はおろか、日本語で書いてある統計さえ満足に理解していない人もいるのです。

これらの反応を合理的に説明すると、たぶんこういうことなのでしょう。
それはずばり、科学の基本である「誰がやっても同じ結果が出る」の否定です。
言い換えると、能見正比古さんや私のような“在野”の研究者が何を言ってもダメで、その反対に学者なら無条件で何でもOKということになります。
つまり、血液型を否定する人の特徴は、心理学が「科学だから正しい」という“神話”を朱子学的に信じている、ということなのです。

もっとも、この「科学」が否定される場合もあります。
例えば、宋の滅亡や、アヘン戦争です。
その場合、どういうことが起きるかは、また別の機会に…。


井沢元彦の激闘の日本史 幕末動乱と危機管理 (単行本)

井沢元彦の激闘の日本史 幕末動乱と危機管理 (単行本)

  • 作者: 井沢 元彦
  • 出版社/メーカー: 角川学芸出版
  • 発売日: 2013/08/24
  • メディア: 単行本


コメント(4)  トラックバック(0) 

コメント 4

欺善者

このエントリーには重要な示唆が含まれているのに何のコメントもありませんね。血液型人間学という人間性の学問を学んでいても、「血液型」の範疇を超えた人間の行動には手も足も出ないのでしょうが、ここの平均的な読者には難しすぎる話題だと思います。本当は血液型など手段の一つに過ぎず「人間性についての学問」を追究するなら血液型だけに限定されない筈ですが、残念ながら血液型の弊害・停滞の原因ではないかという気がします。能見氏は血液型の気質を「先天的」なものとし、そこに「後天的」な影響が加わって人間の性質が形作られると述べていましたが、私が今まで書いてきたことはまさに後天的な部分であり、しかも先天的なものよりずっと大きく血液型だけでは人間の行動を説明出来ないということです。勿論、能見氏もそうは言ってませんが、後天的なものよりも先天的なものの方がより大きいかのような印象を受けます。

政治ネタになるとありきたりのマンネリ化したようないつものコメントが多少見受けられますが、政治を大きく動かしているのは「イデオロギー」であって、それを理解出来ずに血液型だけで物を言ってもまともな分析など出来ません。能見氏は政治を大きく動かしているのは血液型で影響がモロに出ると述べていましたが、政治ほどイデオロギーに振り回されるものはないということは歴史が証明しています。血液型政治学では歴史やイデオロギーなど重大な見落としがあるので問題作だと言っているのです。血液型で政治を分析したところでほとんど何も分からないのはその証左です。分析しているのは政治ではなく、政治家個人の気質の発露や言動ではないのですか。勿論それは否定しませんけども、それで本当に政治を分析していると言えるのでしょうか。

前にも述べましたが、血液型人生論にも問題があるというのは、血液型の見地から能見氏なりの人生についてのアドバイスには、左翼やユダヤに支配された世の中で生きていくためのアドバイスには当然なっていないので、どれだけ役に立つのか、空論ではないのか疑念が拭えません。
血液型女性白書については、能見氏自身がフェミニズムの左翼思想に毒されており、女性が不幸になるためのアドバイスだと言わざるを得ません。女性の社会進出が先進的・進歩的だとそそのかした結果どうなるか、婚期を逃して未婚のまま子供も産めず最期は孤独死が待っているだけです。人間以外の生物を見れば分かりますが子孫を残すという遺伝子に刻まれた自然の本能に忠実で、その自然の摂理に反する馬鹿げたことをやっているのは、ユダヤ人に頭を狂わされたゴイムだけです。ユダヤ人にLGBTが先進的・進歩的などとそそのかされて同性に欲情するようにまでなるとは、人間が思想(人工的に作られた法則・指針)に基づいて行動する生物だということを示しているような気がします。これは血液型を問いません。

by 欺善者 (2017-07-17 02:53) 

ABOFAN

ちょっとだけ解説を。
このエントリーは難しすぎるとのことですが、確かにおっしゃるとおり、血液型に興味関心がある人にはあまり関係ない話題でしょう。
多くの読者は、もう少し軽い話題を望んでいるはずです。
もっとも、私はそれでも構いません。
というのは、このエントリーはそもそも「疑似科学とされるものの科学性評定サイト」(http://www.sciencecomlabo.jp/fortune-telling/blood_type.html)の関係者に読んでもらうための下書きだからです。
以前からの疑問点をまとめて、自分なりに納得できる結論にはなったので、それでいいかなと…。
そして、このサイトのメンバーから無視されば、このエントリーの正しさが裏付けられることになります。
現在実験中です。
by ABOFAN (2017-07-17 11:59) 

欺善者

心理学が正しいとしがみつく連中と、民主主義や日本国憲法が正しいとしがみつく連中はそっくりですね。それらの心理学者の思想信条は恐らく左翼的な傾向を持っていると思います。特に法曹界の連中は、自分達の拠り所として学んできたものがデタラメの虚構だったとは死んでも認められません。聖域化・絶対化されて、否定することはタブー化されており、ホロコースト神話のそれを思い起こさせますが、これらに共通するのはやはりユダヤ的なものです。
自分達の立場を危うくするようなものは攻撃したいでしょうから、心理学にとって都合が悪い血液型人間学は葬りたいのでは。サイトのメンバーから無視というより、難し過ぎてコメント不能なのではないかとも思えます。このエントリーは、自分達を突き動かしているイデオロギーが主題なので、頭がクルクルパーになったインテリには到底無理でしょう。凝り固まったあの連中が、イデオロギーや左翼の概念を本当の意味で理解するのは無理に思えます。

山本七平氏の指摘は流石に鋭く、人間は宗教や迷信などの思想に揺さぶられてしまうと見抜いています。前川教授も著書で宗教について言及していましたが、人間の生態を追究していくと、人間の精神や思考、行動に大きく関与しているのはイデオロギーという、同じ処に行き着くと思います。
朱子学は江戸時代の日本人を平和ボケにしてしまいましたが、それだけの長い間影響を与えてきたのだから、色々な思想が現在に至るまで様々な形で影響が残っていることは否定しません。明治維新の時、欧米列強の出現に危機感を持って本来の日本人の精神を取り戻しましたが、そのことをもって「現在の日本人の精神を作ったのは朱舜水や儒教だから日本人の精神は支那人の精神だ」などと、左翼が主張する根拠ともなっています。長幼の序を重んじる中華思想らしく日本を文明的に劣る「弟の国」にしたいようですが、儒学でお花畑になっていた所を欧米列強を前にして覚醒したのが明治維新です。
池田信夫はこの辺の歴史観が歪んでおり、明治維新、天皇制、大東亜戦争等に絡めて論じていますが、かつて自身が熱中していた共産主義についての認識に難があり、特にユダヤのことが抜け落ちていて主役のいない歴史など有り得ません。筑波大学の中川八洋教授の場合もユダヤ人のことが出てきませんが、これは身の安全を考えて意図的のことと思われます。

>多くの読者は、もう少し軽い話題を望んでいるはず

これはとても残念に思います。近日のエントリーでコメントが55件と盛り上がっているのを見ましたが、ケネディはOだ、いやABだと、よくそんな下らないことでそこまで盛り上がれるのか不思議です。ABO記のエントリーに「政治や社会情勢に言及したとき」などスルーされるとありましたが、それらを苦手とするのがお花畑の日本人ですから付いて行けないのでしょう。血液型人間学に興味がある人の場合は一般人と違い、社会現象や人間の動向にもう少し敏感だと思っていましたが、民族性とはいえ無関心でまるで危機感がありません。今年はロシア革命から100年の節目なので、共産圏崩壊に匹敵するような世界的政変も予想されていますが、1989年のベルリンの壁崩壊はフランス革命(1789年)から200年の節目でしたし、自由の女神はアメリカ独立100年周年を記念して送られ、「A級戦犯」の処刑は今上天皇の誕生日の1948年12月23日に合わせて行われたことから何か起こるかも知れません。

by 欺善者 (2017-08-06 23:57) 

欺善者

血液型女性白書では、男女の気質差として「女は男より理性が弱く感情的」と指摘されていますが、それと「思想、迷信、洗脳」について考える時、興味深い記述があるのでリンクを貼っておきます。この保守系サイトの主宰者は女性ですが非常に優れたサイトです。一見、パッと見は引いてしまうようなアンケートがあって、内容も膨大なのでかなり踏み込んで読まないと分からないと思いますが、ここを読まないと左翼の精神侵略の手口は分かりません。特に女性にとって必見だと思います。

http://whisper-voice.tracisum.com/?search=%CB%DC%C5%F6%A4%CB%BD%F7%A4%C3%A4%C6%A4%CE%A4%CF%A1%A2%A4%C4%A4%AF%A4%C5%A4%AF%A1%A2%CA%FC%A4%C3%A4%C6%A4%AA%A4%AF%A4%C8%A5%C8%A5%B3%A5%C8%A5%F3%C7%CF%BC%AF%A4%CB%A4%CA%A4%C3%A4%C6%A4%A4%A4%AF
このページの下の方、

『40代女性と20代男性は性欲一致で相性抜群』

>本当に女ってのは、つくづく、放っておくとトコトン馬鹿になっていくのだなとあらためて思い知らされる
>如何に女が安易に感化されやすく、自分にとって都合いいスピリチュアル的なものに嵌りやすいかということを指し示しています
>もちろん男にも、この種のスピリチュアル的なものに嵌りやすい人というのはいましょうが、普通では考えられないようなカルトに嵌るのもやはり圧倒的に女が多い

これを見てハッとさせられる人もいると思いますが、女を狂わせることがどれだけ恐ろしいことか、左翼はよく分かっていて女性を標的にしています。子育てを担当する女が狂ったらまとな人間など育つ訳がありません。感化・洗脳され易いという女性を狂わせるような誘惑が大量に氾濫しています。
因みに左翼になるのは非常に簡単で、どのような無教養の愚か者でも「戦争反対!」「9条守れ!」などとすぐに即席左翼になれますが、保守になるのは難しく相応の勉強が必要なので誰でもなれる訳ではないです。

by 欺善者 (2017-08-16 07:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0