So-net無料ブログ作成

5月2日 19時のテレ朝「林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル」の感想 [テレビ番組]


林修の今でしょ!講座 11人のスーパードクターから学んだ「身近な病気のヒミツ」編

林修の今でしょ!講座 11人のスーパードクターから学んだ「身近な病気のヒミツ」編

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川マガジンズ
  • 発売日: 2015/04/02
  • メディア: 単行本


取り急ぎ、5月2日19時のテレビ朝日「林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル」の内容です。
自分で内容をまとめようかと思ったのですが、ネットのブログの方がよっぽど詳しいで止めました(笑)。
次のブログは、番組で紹介されていない情報もあるので、間違いなく“インサイダー”ですね。

林修の今でしょ!講座のまとめブログ
林修の今でしょ!講座の内容をまとめたブログです。
http://imadeshokansou.seesaa.net/

→ 林修の今でしょ!講座 5/2 血液型の基礎 血液型検定2017
  http://imadeshokansou.seesaa.net/article/449533134.html
→ 林修の今でしょ!講座 5/2 毛細血管検定2017
  http://imadeshokansou.seesaa.net/article/449533088.html
→ 林修の今でしょ!講座 5/2 減る毛細血管 毛細血管検定2017
  http://imadeshokansou.seesaa.net/article/449542414.html
→ 林修の今でしょ!講座 5/2 毛細血管の増やし方 毛細血管検定2017
  http://imadeshokansou.seesaa.net/article/449542502.html
→ 林修の今でしょ!講座 5/2 病気と血液型 血液型検定2017
  http://imadeshokansou.seesaa.net/article/449542573.html

ABO FCのtwitterで紹介されているブログも、内容を読むとこれまたインサイダーっぽいです(笑)。
【林修の今でしょ講座】血液型の疑問を医学的・科学的に解明!血液型と性格・脳の使い方・病気のリスクに関する関係性。
http://aguri.blog.jp/1065687299

林修さんは血液型と性格が嫌いだそうで、性格の説明は無茶苦茶ですね。やはり医師しか説明者はいませんでした。
「血液型と性格」では、信じているのは日本人と韓国人だけで、医師には否定派が多いから関係がないのだそうです。
#心理学的に否定する説明は一切ありません(なんで?)。
こんなに簡単に否定できちゃうなら、このブログも不要でしょう(苦笑)。

「血液型と脳」では、東海大医学部の灰田先生が出ていました。A型が左脳優位で、B型は右脳優位。O型は左右交互に反応し、AB型は左右同時とのこと。2010年開催のミニシンポジウムと同じで、A型が左脳、B型が右脳優位だそうです。
#ただ、そのときはO型は左右交互、AB型は左右同時と言ってなかったような…。

「血液型と病気」は、まずはまともな説明でした。林さんがO型なので、O型は病気に強いというイメージを押し出していたのかもしれません。
ただ、灰田先生と、番組の最後の「O型はストレスに強い」という説明を聞くと、やはり「血液型と性格」は関係があるという結論とも読みとれます。
私もテレビ番組には何回かかかわっていますが、プロデューサ―かディレクターの指示で、そんな風に“無難”にまとめたのか、あるいは肯定派の意見も尊重したのかもしれません。

余談ですが、ファクトに間違いが多すぎて気になります。
予算と時間の関係でチェックが間に合わなかったのかもしれません。
次はその一例です。
→日本人の血液型は、A型40%、O型30%、B型20%、AB型10%(ぴったり10%単位で、端数はないらしいです・笑)。
→番組の最後にある、7.ストレスに強いのはO型で、2009年韓国、ソウルベンチャー情報大学院大学は、「調査期間が2006年9月~2009年12月、発表は2011年」の間違い。
→人類の血液型はO型が最初で、次にA型、その次にB型、最後にAB型は、「A型が最初」の間違い。
→東海大医学部の灰田先生の、血液型によって「脳の働きが違う」研究を紹介しながら、医師では性格に関係がないという人が多い(「関係がある」という灰田先生はどうなるの?)
コメント(2)  トラックバック(1) 

コメント 2

アボカド

全体的に胡散臭さが強い番組でしたね。
by アボカド (2017-05-05 10:04) 

ABOFAN

バラエティなので、単純にエンタメとして楽しめればいいのですが、さすがに事実が間違っているのは困りますね。
番組中で、血液型によって「脳の働きが違う」と言っているのに、それでも性格とは関係ないというのは、常識的に考えてもおかしいです。
そういえば、私の知り合いにも取材があったそうですが、主張は何も取り上げられなかったとのこと。
私の推測ですが、たぶん当初は肯定・否定の両論併記だったんでしょう。
が、どこかで“否定的”な結論でないとまずいということになり、さすがに灰田先生の取材はカットできないので、MCの林さんが「関係ない」という結論でまとめたのではないでしょうか?
なお、これは別な番組で実際に起こったことです。
たぶん今回も同じではないかと…。
by ABOFAN (2017-05-05 12:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 1