So-net無料ブログ作成
検索選択

2/8 21:00 フジテレビ ホンマでっか!?TV【感想】 [テレビ番組]

前回の続報です。

予想外の展開となりました。
タイトルからして、血液型と病気・体質・ダイエットの話がメイン…という期待は、見事に裏切られました。
まず、“ハラスメント”批判を意識してか、植木さんからは「心理学では血液型と性格は関係ない」とチクリ。
では、関係ないという話題になったかというと、その後は牛窪さんの血液型トークが爆発。
心理学者からの注意という“免罪符”を得たせいか、血液型浮気の傾向とか、その後はまるっきり血液型バラエティと化しました。[るんるん]

《主な出演者》
明石家さんま B
加藤綾子 O
マツコ・デラックス A
島崎和歌子 O
エリカ・アンギャル A 血液型ダイエット、AB型大統領が多い
篠原ともえ AB
小杉竜一 O
牛窪恵 A 血液型トーク
澤口俊之 O O型は脳が大きい
磯野貴理子 A
植木理恵 A
門倉貴史 B 最近の首相は36人中18人がO型

《気になった点》
ここで、非常に気になったのが、植木理恵さんの発言です。
「昔の心理学者(古川竹二?)が病気から性格を類推した」「A型はピロリ菌を持っている」「血液型の性格診断テストは病気のやりやすさからの推論」は心理学的にも間違いです。
もっとも、彼女はシナリオどおり喋っているのでしょうから、おそらくライターが間違っているのでしょう。
誰かチェックしなかったのかな?

《今後の展開》
視聴率がどうなるかのですね。
視聴率が上がれば、たぶん2004年の「血液型バブル」の再来になるものと思われます。
どうなんでしょうか?
コメント(3)  トラックバック(1) 

コメント 3

欺善者

私はほとんどTVを見ないので、2004年に血液型ブームがあったとは知りませんでしたが、能見俊賢氏が逝去されたのが2006年だったということは氏の仕事だったのでしょう。ですが、当時と違って現在のメディアは朝鮮・支那系のスポンサー、資本化が加速しており、ブーム再来になるとすれば視聴率など「金になるかどうか」だけでしょうね。現在は我が国も米国同様に、ポリティカル・コレクトネスを謳う「平等教信者」の左翼が跳梁跋扈する社会に変貌しており、「差別」に繋がるものは目の敵にされ糾弾されてしまうので、ブーム再来は考え難いような気もするのですが。

例に挙げればキリが有りませんが、看護婦→看護師、保母→保育士、スチュワーデス→キャビンアテンダント、障害→障がい、子供→子ども等、これらは全てポリコレによる成果であって既に定着してしまっています。つまり、差別だと主張する者の言うとおりに配慮、優遇されるような社会の流れを作るのが狙いであり、その流れに反しようものなら、レイシストなどと糾弾されてしまいます。普通の日本人なら、日頃から人権平等の左翼思想に毒されているので、それらが異常な平等主義だとも感じません。もちろんそんなものは偽善の綺麗事であって、狙いは朝鮮人や同和などの特権化にあるのですが。他にはアイヌやLGBTなども非差別弱者として利用しているだけです。マツコ・デラックスのようなLGBT系ならTVに出られるでしょうが、干されて喰えなくなった日本人芸能人は多いと思います。

このような背景があっては、アカデミックな血液型人間学など望むべくもなく、よくある「低俗な男女の相性論」の血液型バラエティ留まりがせいぜいで、歪曲・曲解された状況も変わらないと思います。血液型と病気・体質・ダイエットなどには特に異論はありません。
能見親子も、まさか頭が狂ったマスコミを相手にしていたとは思いもしないでしょうが、左翼に乗っ取られたメディアなどを通じて、血液型人間学の正しい理解と普及をどれだけ訴えても無駄だと思います。

小萩喜一氏の著書を読まずに言うのも何ですが、「人生の9割は血液型で決まる」などという、血液型至上主義者にありがちなタイトルを見るだけで読む気が失せます。9割方決まる、などという軽薄単純な思考は程度の低さを露呈しているようなものです。その前に、どんな世の中に生きているのか知って書いているのかと尋ねたくなる。俊賢氏の著書には「なぜアメリカは戦争好きなのか」といった記述がありますが、これを歴史学者や政治学者(TVに出られるような左翼学者は除く)が見たら失笑を買うだけでしょう。血液型人間学が不本意な地位に甘んじているのも、左翼マスコミのせいばかりだけではなく、このような学界にも責任があります。

能見正比古氏は、血液型が「人類の歴史と動向を大きく左右してきた」と言い、歴史を学ぶことを怠って重要なことを見落としてしまいましたが、これだけ人間個人を大きく動かしているのだから、その個人の性格の集積が国民性となり歴史を動かしてきた、血液型で歴史を見直す必要がある、などと大きく話を飛躍させてしまいました。慧眼を持つ能見氏のことですから、もし氏が歴史を学んでいたらと思うと悔やまれますが、血液型至上主義者は、世の中を大きく動かしてきたものの主役は血液型だと思い込んで、大きな勘違いをしていると思います。もちろん無関係とまでは言いませんが、せいぜい脇役にもなれるかどうか。これは長くなるので省略しますが、何故、過去の記録の集積である歴史を見ようとしないのか不思議でなりません。

血液型の話になると、心理学者がやたらと口出ししたがりますが、人文系学問(哲学、心理学、社会学、法律学、経済学)が、もはや時代遅れになっているとして、文部科学省が国立大学に人文社会科学系の学部・大学院の統廃合を迫っていて、これに必死に抵抗しているのが人文系の学者です。心理学者が専門家だと存在をアピールするのは、もはや利権にしがみつこうとする左翼の保身でしかありません。こんなものはユダヤ人が生み出したデタラメなので当然ですね。マルクスやエンゲルスなどのユダヤ人が経済学者などというのは冗談でしかありません。経済学などというのは金融・経済を牛耳るユダヤ人の八百長でしかないのです。
税金で運営されている国立アカデミーの日本学術会議も、もはや単なる権威に過ぎないのに淘汰の流れに無駄な抵抗をしていますが、そのトップが東大名誉教授だというのですから、如何に我が国が狂っているか分かります。東大や京大を始め、日教組などの教育関係というのは、日本人を狂わせて我が国を蝕むガン細胞です。

by 欺善者 (2017-02-11 21:24) 

通りすがり

小杉さんはO型ですよ
訂正お願いします
by 通りすがり (2017-02-14 01:45) 

ABOFAN

ご指摘ありがとうございます。訂正しました。
by ABOFAN (2017-02-19 08:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。