So-net無料ブログ作成

韓国では心理学の性格検査で差が出た [論文]

韓国ネタです。

韓国では、心理学の性格検査で差が出たそうです。どんな内容なのか気になりますね。
この論文には、「軍、官公庁、音楽、企業、教育機関など様々な分野での個人の性格と血液型への関心が高まって、これを組織で多く活用をしており」とありますが、本当なのかな?

研究論文:韓国型図形心理タイプと血液型の相関関係の研究
A Study on the Correlation between Korean Geometry Psychology Type and Blood
グァクヨンギ(Yong Kee Kwak),ユンチョンソン(Chun Sung Youn)
(社)アジア文化アカデミー, <人文社会21> Vol.6 No.2(2015), pp.253-274
http://kisseng.kstudy.com/journal/thesis_name.asp?key=3368417
http://www.riss.kr/search/detail/DetailView.do?p_mat_type=1a0202e37d52c72d&control_no=a58a4d6cdfffbb00b36097776a77e665#redirect

《要約》 本研究の目的は、韓国型図形心理種類の検査で図形心理種類をナビゲートして、これを基に図形心理タイプと血液型の間に相関関係がどの程度あるかを分析したい。現代社会が発達し、最近、軍、官公庁、音楽、企業、教育機関など様々な分野での個人の性格と血液型への関心が高まって、これを組織で多く活用をしており、私たち国民も慣習法のように血液型別の性格を区分して適用している。本研究では図形は韓国図形心理教育研究所で標準化し、開発した韓国型図形心理タイプ1(Korean Geometry Psychology TypeIndicatorⅠ)を、血液型は、個人の赤十字から発行された献血証書を活用し、血液型のタイプはA型、B型、AB型、O型などの4つの血液型のタイプを使用して相関関係を研究した。本研究の結果、韓国型図形心理タイプと血液型との間の有意水準*p<0.05で有意な結果の値が導出され、差異分析で理論的背景の研究結果をもとに分析した結果、韓国型図形心理タイプと血液型による相関性があることを知ることができ、これらの研究の結果を使用して、軍将兵の兵営生活に適用して、地図なら軍の事故予防と活気に満ちた兵営生活指導に大きな助けになると確信している。今後、軍幹部の図形心理タイプと血液型との関係の研究で調査対象を300~500人以上分析し、有意水準*p<0.01で有意である分析が必要であり、研究結果を適用して、兵営生活の中で、非戦闘損失が減少できるどうか一定期間適用してみる価値がある。

《英語の要約》
The purpose of this study is to explore personality type using the Korean Geometry Psychology Type Indicator. Based on the results, it analyses the correlation between personality type and blood types. As the development of modern society in many fields including education, entertainment, military, government, and business, interests in the relationship between blood types and personality type have grown and it has been applied in various organizations. In addition to this, Korean people has traditionally classified personality type depending on one’s blood type. The Geometry Psychology Type Indicator used in this study is Korean Geometry Psychology Type Indicator 1 developed by Korean Geometry Psychology Education Institution. Blood types are collected from blood donor cards of the Red Cross and are divided into four types(type A, type B, type AB, and type O) in order to conduct the research on the correlation. As a result of the research, meaningful result values were derived from a significance level *p<0.05 between personality type and blood types. According to the result of difference analysis based on theoretical background research, it is found out that there is a correlation between blood types and personality type. It is believed that considering these findings of the research, adapting it to an barrack life would be strongly supportive to guide an barrack life towards more energetic and to reduce military accidents. From now on, when conducting research on the relationship between blood types and personality type in terms of military officials, additional analysis will be required to figure out whether it is meaningful from a significance level *p<0.05 by conducting survey on more than 300 to 500 people. When adapting the findings to an barrack life, it is needed to apply it for a certain period to examine if there is actual reduction in non-battle injury.

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0