So-net無料ブログ作成
検索選択

論文:血液型と性格の無関連性 [血液型と性格の無関連性]

こんな論文[本]を発見しました。
割と最近のものです。

血液型と性格の無関連性――日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠――
心理学研究 Vol. 85 (2014) No. 2 p. 148-156
縄田 健悟 (京都文教大学)
[https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpsy/85/2/85_85.13016/_article/-char/ja/]

本人自身の紹介のページ
[http://nawatakengo.web.fc2.com/works/jjp2_abst_jp.htm]

ポイント
1. 大阪大学のウェブ上で社会調査のデータがSPSSを用いて分析が可能である
 →http://srdq.hus.osaka-u.ac.jp
2. ビッグファイブ性格検査では差がなかった
 →うち1つは日本のもので、私にとっては新発見です!
 →差が出ないのは、ビッグファイブで血液型の差を検出しにくいからです
3. この論文では、2004年と2005年に日本とアメリカで実施された大規模社会調査データ(1.の大阪大学のデータ)を用いて血液型と性格の関連性を検討した
 →どちらもランダムサンプリング(なので差が出にくいんです)
4. 分析の結果、どのデータにおいても、血液型と性格との間に意味のある関連性は見られていない
 →「有名」な項目がなく(加えてランダムサンプリングなので)そうなのでしょう

ほぼ予想どおりの結果で、今のところ私の仮説は正しいようです。[手(チョキ)]

実は、この論文にはないリスク回避傾向については、予想どおり少し差が出ています。[るんるん]
#が、統計的に有意かどうかは計算していません。
意識的・無意識的に差が出そうな項目は調査しなかったのか…。どうなんでしょうか?
そういえば、阪大のウェブデータが一般に公開されているというのも、初めて知りました。
これは、分析甲斐がありそうですね。
時代は、どんどん変わっているということを実感します。[るんるん]

次回へ続く…
コメント(0)  トラックバック(3) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 3

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。