So-net無料ブログ作成

EMは「ニセ科学」ではなかった?(続)

以前のエントリー『EMは「ニセ科学」ではなかった?』は、はてなブックマークで取り上げられたせいか、1000アクセスを突破したので、ちょっと驚きました。[がく~(落胆した顔)]
[URL: http://b.hatena.ne.jp/entry/abofan.blog.so-net.ne.jp/2010-04-18-2]

ここで面白いのは、字数の関係もあるのでしょうが、具体的な反論(?)が少ないことです。
その数少ない例外に、NATROMさんの反論(?)があります。
科学→「EMで生ゴミを堆肥に」「血液型と性格には弱い相関はあるかも」。ニセ科学→「EMがよい波動を出して校内暴力が無くなった」「ABO式血液型で性格の4分の1が分かるし、コミュニケーションツールになりうる」
この反論(?)は、とても興味深いです。
「EMで生ゴミを堆肥に」ということは、EMは従来一部で言われていたような「インチキ」(ニセ科学)ではなかったということでしょう…。
#もちろん、万能でないことも確かでしょう。

また、「マイナスイオン」には何も触れていません。
#字数の関係なのかもしれませんが…。
やはり、『日経エレクトロニクス』(2009.11.2)の記事への反論はないということなのでしょうか?
『日経エレクトロニクス』11/2号 イオン健康家電の正体
[URL: http://abofan.blog.so-net.ne.jp/2009-11-18]
もちろん、「マイナスイオン」は万能ではありませんが、「インチキ」(ニセ科学)ではなかったということなのでしょう…。

「血液型と性格には弱い相関はあるかも」ということは、最近の心理学の文献(データに統計的に有意な差がある)を否定していないということです。
#ひょっとして、最近の心理学の文献を読んでいないのでしょうか?

ちょっとうれしくなってしまいました。[猫]

なお、こんなコメントもいただきました。
もうこんな気持ち悪い奴(ABO FAN)をまともに相手にする必要はないです。
ひょっとして、はてなブックマークで読んだ人なのかな?
ただ、この文章を読む限り、この人は「ニセ科学」を信じているとしか思えません。
なぜなら、きちんとした反論ではないからです。
困りますね。

念のため、能見正比古さんは「ABO式血液型で性格の4分の1が分かる」とは言っていませんし、「コミュニケーションツールになりうる」というなら、きちんとした定義が必要になります。
コメント(0)  トラックバック(1) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1