So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

蓮舫さん(A型)は9月23日まで中国(台湾)国籍だった?【訂正あり】


一番じゃなきゃダメですか?

一番じゃなきゃダメですか?

  • 作者: 蓮舫
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2010/06/17
  • メディア: 新書

突然ですが、蓮舫さん(A型)の二重国籍問題についての情報のまとめです。
八幡和郎さんの指摘が発端となり、アゴラを中心に活発な議論が交わされました。

一番最近のエントリーは次のとおりです。
・日本国籍非選択を隠していた蓮舫氏は代表・議員辞職必至!
 http://agora-web.jp/archives/2021643.html
 →9月23日まで戸籍に中国籍であることが記載されていたはず。

その直前のエントリーです。
・蓮舫二重国籍の重大新事実!日本国籍を選択してなかった!
 http://agora-web.jp/archives/2021617.html

しかし、わかりやすい八幡和郎さんの文章が、この2つに限っては何回読んでも理解できません。そこで、自分で調べてみたことを備忘録として書いてみます。

さて、9月23日の彼女の記者会見によると、
私の台湾籍の離脱手続きに関して、先ほど台湾当局から手続きが完了したという報告と証明書をいただいた。それを持って(国籍法が定める、戸籍法に基づく国籍喪失の届け出のため)区役所に届け出に行っている。
出所:産経新聞
http://www.sankei.com/premium/news/160923/prm1609230010-n1.html
とあります。

さらっと書いてありますが、確かにこれは驚くべき重大な事実が潜んでいます。
なぜかというと、これは本来は日本国籍を持たない外国人が行う手続きだからです!
蓮舫さんが以前に「国籍選択届」を区役所に提出し、現在は日本と中国(台湾)との二重国籍であるなら、そもそも今回の区役所への届け出は不要。

kokuseki.PNG
出所:法務省 国籍選択の具体的方法
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji78.html#01

つまり、蓮舫さんは9月23日まで中国(台湾)国籍だけで、日本国籍を持っていなかった外国人ということになります。→【訂正】を参照
ちょっと信じられませんが…。
本当なのかな?

#ただ、そうなると、1993年3月16日の朝日新聞で「在日の中国国籍」とあるのも納得ですね。

続きを読む


血液型別モチベーションあるある! [サイト紹介]

さらっと読めるコラムです。
血液型別モチベーションあるある!
http://www.motivation-up.com/whats/type.html
AB型のところをやってみたら、13項目中10項目が当てはまりました(笑)。
ところで、サイトの運営者は何型なんでしょうか?

エービー 海老尾さん コンサルタントが書いた血液型講座 [新刊情報]


コンサルタントが書いた血液型講座

コンサルタントが書いた血液型講座


文芸社から、また血液型の本が出ます。
今回は軽いノリで楽しめそうです。

検索してみたところ、「帰ってきた飲食店のための血液型講座」という記事を発見しました。
この連載を単行本化したものなのでしょうか?

高橋昌一郎さん 反オカルト論 血液型と性格の話題はなし [新刊情報]


反オカルト論 (光文社新書)

反オカルト論 (光文社新書)


帯にはこうあります。
STAP事件は現代のオカルト!
霊感セミナー、血液型診断、江戸しぐさ
現代も生き続ける“トンデモ”科学的思考をメッタ斬り!
これは「血液型と性格」の話題が出てくるのかな?とワクワクしていたら、あったのは「血液型占い」だけでした。
しかも、血液型を「性格」に結び付けている部分は全くありません[exclamation]
いやいや、拍子抜けです。
と思って、もう一度帯を確認してみると、「血液型診断」なので「性格」の話だとは一言も書いていません。
騙された私が悪いのかな(苦笑)。

RikaTan 2017年4月号「ニセ科学を斬る!2017」で血液型の話題が [新聞・雑誌]


理科の探検 (RikaTan) 2016年 10月号

理科の探検 (RikaTan) 2016年 10月号


来年の「理科の探検」(RikaTan)2017年4月号の特集は「ニセ科学を斬る!2017」です。
2年ぶりに血液型が復活しますので、注目していきたいと思います。

【参考】

「ニセ科学を斬る!2017」で予定されている内容

「血液型性格判断や占い」 菊池聡
「生態学からみたEMの問題性」占部城太郎
「〇〇の科学性を評定する~科学性評定サイトの試み」石川幹人
「反オカルト論の意義」高橋昌一郎
「メディアを賑わす“地震予知”のニセ科学性」 横浜地球物理学研究所
「放射能関連のニセ科学」 菊池誠
「人工化学物質対自然・天然」 桝本輝樹
「「酵素」をうたう農法,健康食品」 小波秀雄
化粧品関係のニセ科学」 くられ
「行政・教育機関に忍び寄るニセ科学」大石雅寿
ネットワークビジネス商品のニセ科学性」猫小次郎
「悪質商法とニセ科学 消費者問題」平林有里子

samakikakuの今日もワハハ SAMA企画
2016-09-09 理科の探検(RikaTan)誌2017年4月号「ニセ科学を斬る!2017」の内容
URL: http://d.hatena.ne.jp/samakita/20160909

各分野の専門家が伝える-子どもを守るために知っておきたいこと [新刊情報]


各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと

各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと


血液型否定派のNATROMさんと菊池誠さんが執筆しています。
血液型について書いてあるかなと読み始めたのですが、何もありませんでした。
ちなみに、マイナスイオンも全く書いてありません。
なんで?

アイスタット社の血液型と性格に関する実態調査《関係がある結果》

アイスタット社の調査結果です。
サンプルは300人ほどと少なめですが、データの分析方法を工夫することによって、血液型による性格の差をうまく検出しています。

調査期間 2014年11月1日~11月30日
回答者数 302人
形式 Webアンケート形式

血液型と性格には全く関連がないといいきることができない結果[=関係がある結果]
日本において血液型性格分類の信奉者の大半は、A 型は気配り型、O 型は現実型、B 型はマイペース型、AB 型は理想追求型

URL: https://istat.co.jp/investigation/2014_2result
※Windowsではダウンロード不可(Androidは可)

istat.PNG
なお、差が出る理由は心理学的には次のとおりです。
多くの性格テストは、性格を表す「言葉」による「自己報告」によって、その人の性格を測定できるという原理に基づいて作成されています。 例えば、あなたは神経質ですか?というような質問に、1点(全くあてはまらない)~5点(非常によくあてはまる)の間で答えるといったようなものです。
ここで、日本人のほぼ7割は「血液型と性格に関係がある」と思っていることを思い出してください!
ソースの例:日本のダイモンダイ(2015年11月8日放送)
血液型は、性格に、
関係ある気がする。68.7%
関係ない。31.3%
回答人数 201,119人
これは、「言葉」による性格の「自己報告」が、自分の血液型によって違うということとイコールです。すると、少なくとも理論的には、心理学で血液型による性格の違いを測定できることになります。性格についてのアンケート調査でも同じです。

コミックランキングはA型が強い《続》

前回の続きです。

ゴルゴ13 コミック 1-180巻セット (SPコミックス)

ゴルゴ13 コミック 1-180巻セット (SPコミックス)


コミックス発行数上位20位まで A10 O6 B3 AB1、発行数上位20位まで A7 O7 B7(20位は複数いるので合計21人)でした。
巻数はA型、O型、B型の3つは7人で同じですが、部数になるとA型が10人と圧倒的です。
ですから、A型が強い理由は、巻数で勝負する長編が多いからではなく、1冊当たり多く売れている、つまり面白いからだということになります。

発行数上位20位

manga1.PNG

発行数上位20位

manga2.PNG

ソース 年代流行>歴代少年マンガ 発行部数ランキング

疑似科学とされるものの科学性評定サイト《再び回答待ち》 [疑似科学とされるものの科学性評定サイト]

8月28日に「疑似科学とされるものの科学性評定サイト」に投稿してからほぼ2週間。
現在まで特に何の反応もありません。 このまま「回答拒否」で議論が終了する可能性もゼロではないので、備忘録としてここに書いておきます。 #まぁ、それはそれで貴重な情報なのですが…。
9月12日に公開されました。

ちなみに、前回は8月25日投稿→8月27日掲載。前々回はお盆を挟んだせいか、8月9日投稿→8月25日掲載です。

続きを読む


やはり技術屋にはB型が多い?

バイオメカニズム学会創立十周年記念アンケート調査報告

https://www.jstage.jst.go.jp/article/sobim/3/1/3_KJ00000972996/_article/-char/ja/

30年以上の前の1979年の調査です。
技術屋にはB型が多いらしいのですが、この調査でもB型が数パーセント多くなっています。
技術や数字に強いB型の面目躍如ですかね。

biomech.PNG
前の10件 | -